遠距離恋愛 ~Bellina~



<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


⑥ NYの思い出



NYでのこと。


夕方にメッセージが届いた。

『このお店のどちらかを予約して。時間は8時半でいいよ。』


その2つはどちらともとても有名で行ってみたいレストランではあった。
でも何故私が予約をしなくてはいけないのか、理解に苦しんだ。
はっきり言って頭にきた。

メッセージなんて送っている間に自分で予約の電話をするべきじゃないの?って思った。



でもその怒りは押さえ・・・ホテルのコンシェルジェに電話をして、予約をお願いした。
2つのうち、1つはとれず・・・・もう1つは、希望の時間に近い時間で予約がなんとか取れた。
でもそこはプリ・フィックスのメニューしかなかった。
それは私も彼も嫌いだった。

Bijouxにメッセージをいれた後返事が来た。

『プリ・フィックスか・・・。もう1つは何時でも絶対にダメだって?』


この言葉で私は本当に頭にきた。
とにかく頭にきていたので返事はしなかった。


でもホテルのコンシェルジェに理由を説明して予約をしたお店をキャンセルして、もう1つのお店をとにかく予約をしてくれるようにお願いした。


”・・・試しては見ますが、難しいと思います。”


又Bijouxからメッセージが来た。
『もし取れなかったら、Zagatで好きなお店選んで予約をして。』


このメッセージで本当に怒りは頂点に達した。


何でこの人はすべて私にやらせようとするんだろう。
自分は仕事が忙しいっていうの?
傲慢な言い方に頭にきた。


・・・一人で怒りで一杯だった。
今考えると何でこんなことで、頭にきていたのか自分がバカみたいだけれど、その時はもう本当にBijouxに対して怒りを感じていた。


『店は決まった?』


返事をしない私に又メッセージを送ってくる、そんなことも頭にきた。

そんな時に、ホテルのコンシェルジェから電話が来た。
”お時間がかかって申し訳ありませんでした。何とか無理を言っておとりすることが出来ました。”

ほっとした。
一言だけBijouxにメッセージをした。


「Union square cafe 22:00」




お店は、とてもよかった。
NYで一番予約が取れないお店と言われる意味がわかった。
NYでどこに行きたい?と言われたら、きっとここを思い出す気がする。

とにかく、フレンドリーな雰囲気とこだわりのお料理、ワインリスト何から何まで良かった。
Bijouxには頭にきていたけれど、徐々に忘れてきた。

Bijouxはワインリストを見ていった。
『こんなに分厚いワインリスト眺めるだけでも大変だよ。・・・でも僕はもう決めた。』

何のワインを頼んだかは、聞いても教えてくれなかった。


お食事をしながら・・・私は言った。

「とても素敵なお店ね。堅苦しくないのに、食べ物は完璧。
サービスする人もみんなフレンドリーで本当にいい感じ。」

Bijouxは、静かにそして微笑んで言った。

『・・・良かった。
君がアメリカっぽい食事がいいって言ってたから、選ぶのが大変だった。
アメリカっぽいって何だろうと思って・・・どこがいいか考えたよ。
最終的にやっと2つになったから、後は君に選んでもらえばいいかなと思ったけど、結局はもう1つのところより、ここの方が良かったと思う。』


聞きなおした。


「えっ?電話する時間もないし、面倒だから私に電話しろって言ったのかと思った。」


『は?』
それだけしか、Bijouxは言わなかった。


そんな時にワインが運ばれてきた。

”Montevertine Le Pergole Torte 1998”

驚いた。
それは、初めて2人でイタリアに行った時に飲んだ、ワインのビンテージ違いだった。

何故それがそんなに特別かというと、そのワインのラベルは女性の絵が描かれていて、年毎に違うから。
その魅力的なワインの話は時々私たちの話題にのぼっていた。


そして、テーブルに運ばれてきたのは、初めて見たラベル。1998年。

そのときの私はきっと、私は目がこれ以上開けないだろうというぐらい見開いていたのだと思う。
お店の人も多分気づいたのだろう。

Bijouxは、お店の人に言った。

『このワインは、僕たち何度か飲んでいる思い出のものなんですよ。』


その言葉を聞いて、本当にもうBijouxがいとおしくなった。
感激した私は、ラベルをみんな集めたいわねとか、くだらないことをたくさん話した。



楽しい時間は過ぎ、帰り際お店からカードが渡された。


中を開くと、私たちが飲んだワインのラベルがキレイにはがされ、カードに貼られ日付とお店のサインが添えられていた。
c0003216_21525129.jpg

感激をしていた私にBjiouxは言った。


『こういうことを出来るお店っていいよね。やっぱりここっていいね。』

でも私は知っていた、Bijouxはチップに100ドルも渡していたことを。
[PR]
by beautifulone | 2007-09-24 13:13 | 恋愛

Bijouxについて



何だか段々と2人の関係が自然になってくる。


それはきっと、お互いがお互いを理解しようと努力しそして、相手が求めていること。
相手が喜ぶことをしようと思いあっているからだと思う。



Bijouxには、計算とか駆け引きとかは一切ない。
自分の利益とか自分を正当化するとかそんなことは関係ない。
正しいと思ったことを口に出す。

こうやって書くととても、やさしい誠実な人に感じるな・・・って自分で思っておかしくなった。

Bijouxというのは、不思議な人で・・・彼の中に私への確かな思いが根底にあることを忘れてしまうほど、彼に躊躇するということはなく強い口調で話すことがある。



正しいこと・・・make sense なことを言う、その言い方が傲慢で怒ったように聞こえるのだ。
だから、そのたびに私はもうやってられない。と思うのだ。

とにかく彼の話し方は、一方的ですべて彼中心に物事を動かそうとしているように感じさせる。


でも根底の部分が分かると、Bijouxというのは誰にも比べられないほど・・・やさしくて、不器用で誠実。




色々な思い出がある、まずはBijouxの帰国の時の事。
前も書いたことがあったと思うけれど、彼は出発の際のパッキング時に本当にイライラして怒りやすくなる。


私は会社だったので、仕事だった。
仕事中に携帯を見ると、着信が数件とメッセージが入っていた。
Bijouxだ。


とりあえず折り返し、電話をした。


『君、ワインを忘れたよ。君の荷物をホテルに預けているでしょ。その番号を教えて。
そこに預けておくから。』


Bijouxが何のことを言っているのかは、すぐ分かった。
3本目のワインのことだ。


1本目は、Bijouxが私の両親にワインをアメリカから持ってきたもの。
2本目は、東京で食事をしたときに飲んで美味しかったワイン・・・たまたま酒屋さんで見つけたときに喜んだ私に買ってくれた。

そして3本目。
京都に行ったときに、2人で飲もうと言って買ってくれたワイン。でも結局飲まなかった。

その3本目のワインの事だ。


「忘れてないよ。置いていったの。それに、私の荷物はもう家に送ってもらっちゃた。」


優しい口調が一気に怖い口調になった。
『は?置いていった?何でもって帰らなかったの?』


「だって一緒に飲めなかったし・・・あなたがお土産にアメリカに持って帰ったらいいと思った。」


『何言ってるの?君のために買ったんだよ。僕がアメリカに持っていく理由はないでしょ。』


Bijouxの口調は怖かった。


でも私はもう慣れていた。今回もいろいろなことがあったから。


「でも、私が持って行っていいとは知らなかった。」


『何バカな事を言ってるんだよ。もういいよ。
このワインをどうすればいいか言って。』


「・・・じゃぁ、もしもらっていいなら・・・。」


『僕は君にあげるって何度も言ったよ!』


Bijouxはエキサイトしている。


「分かった。じゃ、ホテルのフロントに預けておいて。取りに行くから。
もう怒らないで・・ね。ワインありがと。」



『怒ってないんですよ。でももう僕荷物を準備しなきゃ。じゃ、後で。』



・・・怖い人(笑)



そう。
彼に対して、遠慮はいらない。
2人でいるときに買ったものはすべて私と彼のものなのだ。


Bijouxは、何も言わなくてもすべて私の分も用意してくれる。


たとえば、お水。
大きいペットボトル1本と小さい1本。・・・小さいのは私の為。


いつでも必ず私の分を考えている。
そうだった。3本目も素直に、ありがとうと言って持ってくるべきだった。



『想像性』
・・・2人の関係を築いていくには必要なことが3つ。そのうちの1つってBijouxは、言っていた。
何か日本の、”あ・うん”の呼吸みたいと思って聞いたときにおかしくなった。



飛行機の中から電話が来た。


『あまり話せないけど・・・。色々ありがとう。着いたら電話するから。』



本当に面白い人なのだ。
だから・・・・きっと私がBijouxに対してロマンティックなんだ。とは感じないのかもしれない。
[PR]
by beautifulone | 2007-09-19 20:29 | 恋愛

⑤ NY の思い出

NYでは素敵なことがたくさんあった。
基本的に彼は、仕事だったので・・・夜の夕食を一緒に食べるコトしか出来なかったけれど心地よい時間を過ごすことができた。

忘れないように覚えていることをつづっておこう。



ロマンティックなレストラン


彼の帰りが遅いので、友人とアペリティフを楽しんでいた。
彼にも言ってあった。

メッセージが届いた。『9時にレストランを予約した。僕は一旦着替えに戻るけど・・・直接場所で待ち合わそうか?』と。
見たときは8時半。
何でこんなにギリギリなんだろう。

「まだ友人と一緒だけど。9時は間に合わない。30分ぐらい遅くなるけどいい?」


『ダメだよ。君のいる場所から遠くないよ。待ってるから。』


私は頭にきた。
友達と一緒にいて、わざわざアペリティフに付き合ってくれているって言うのに、彼女をおいてソソクサト自分だけ出かけろっていうのだろうか。
怒りでいっぱいだった。


その姉のような友人は言った。


”折角の彼との時間なんだから楽しんでいらっしゃい。そのためにNYに来たんでしょ。
怒ったりして無駄な時をすごしちゃだめ!”


怒らないけど・・・でもBijouxには、しっかりと言おうと思った。


お店には結局少し遅れて、9時20分位についた。
そのお店は小さくキャンドルがともり・・・とてもロマンティックなところだった。


彼はもう座っていた。


「ごめんね。遅くなって・・・とっても可愛いお店ね。」

『大丈夫、遅くないよ。僕こそ本当にごめん。
もっと早く連絡をすればよかった。友達といたのにごめん。』



私は彼に事細かく伝えた。
怒っていたこと、友人と一緒で急にBijouxから連絡がきたから”さようなら”というような・・・自分勝手はしたくなかったこと。
こういうことにならないように、これからは早めに連絡をしてくれるように言った。


そのお店はとてもロマンティックなところだった。
そう伝えたら彼は少し嬉しそうに言った。


『ここに来たことのある人にそうやって聞いた。
始めはダメだって言われたんだけど無理に席を作ってもらったんだよ。』


実は、彼が私に色々レストランを選ぶときの参考にするように、NYのZAGATを渡してくれていた。
そこには、こう書いてあった。


”ロマンティックな夜が過ごせるレストラン。ひざまずいてプロポーズしてしまいそうな男性を連れて行かないように。”


Bijouxは、ロマンティックな夜をセッティングしてくれていた。
それを考えただけで怒りがおさまって嬉しくなった。



なんて私は単純なんだろう・・・。
[PR]
by beautifulone | 2007-09-13 22:04 | 恋愛

④ 再会まで



スペインからの飛行機を降り立ったとき、NY行きのゲートは・・・。

・・・と探そうとしたとき、何とも言えないドキドキするようなワクワクするような気分がした。
一瞬胸がいたくなるような、きゅんとした気持ちは忘れられない。


忘れない。


本当に、行くんだ。Bijouxに会いに行くんだ・・・とドキドキした。



乗り継ぎで時間もあったので、ラウンジではアイマスクをしてしっかりと睡眠をとった。
再会したときに、少しでもキレイでいられるように。
飛行機でもなるべく眠れるようにずっと目をつぶっていた。



そして、9時間。


私はNYに着いた。
[PR]
by beautifulone | 2007-09-09 22:04 | 恋愛

③ 反省



『昨日電話で話したけど、本当に君はNYに来てもいいと思ってる?』


「・・・興味はあるけど、今から色々考えたりとか準備したりするのはいや。もう色々疲れちゃったの。」


『僕が手配する。でももう一度確認をしたい。君はNYに来たい?』



どうせ、口だけなんだ。もう本当に信じられなかった。
だから自分がなんて答えたのかも覚えていない。


でも多分・・・行きたいって思ったのだろう。


----------------


次の日電話が来た。


『チケット手配できた。丁度いい乗り継ぎ便がなくて、会う予定の日より2日遅い出発になるけど大丈夫かな?2日長くスペインにいられる?』


信じられなかった。
本当に?本当に航空券を準備してくれたの?

「えっ?本当。じゃ、どうすればいいの。」


『何もしなくてもいい。
飛行場に行けばカウンターの人が君にNY行きのチケットをすべて用意してくれているから。

ただ出発が2日遅くなったから、スペインからの便を2日遅らせてくれる?
今もっているチケットと同じ便で大丈夫だから、電話一本で済むから。』


これを聞いてとても反省をした。


Bijouxは仕事で夏休みがとれなくて、Bijouxだって辛いのに私はあまり優しくしてあげなかった。
結局、NY行きのチケットも全部してもらってしまった。


ごめんね。


でも・・・Bijouxに会える。

会えるんだ。
[PR]
by beautifulone | 2007-09-04 21:56 | 恋愛

② 計画崩れ



私はスペインにいた。
毎日が新しいことの連続で、普段の自分を忘れて楽しんだ。
つくづく私は一人になる時間が必要なんだなって思った。


そんなある日、暗い声でBijouxから電話が来た。


「どうしたの?元気?」


『元気じゃない。君は元気?』


『新しい案件の仕事が出てきた。
今日の午後に結果が分かるけれど、イタリアにいけなくなる可能性が80%』


えっ・・・でも、私は普通に出来るだけ動揺しないように振舞った。


「まだ決まったわけじゃないでしょ。」


『君の時間の夜、11時ごろには分かるからそれからすぐ連絡する。
その案件には僕は必要ないって、話をしているんだけど・・・まだ分からない。』



電話を切った瞬間、涙があふれでた。


きっと来れない。来れないんだ。



涙はとまらなかった。



----------------


電話が来た。

『ごめん。やっぱりダメだった。』

予想通りだった。


事前に聞いていたし、想像どうりだったからか冷静に話が出来た。
でも心の中ではすべてが信じられないような寂しいような気持ちで一杯だった。


急に何も聞きたくなくなった。

『イマイチだと分かってる。
でも9月と10月と週末を利用して会いに行く。

もう、そのときの休みは取れるように手配したから。本当にごめん。』


何でもいいやと思った。
電話を切った後も何だかボーっとした。何も考えたくなかった。


-------------


次の日に電話が来た。


『何か分かった?』


頭にきた。
何が?一体何を分
わかれっているのだろう。


「何のこと?意味がわからない・・・何も分からないけど。」


『家がキャンセルできるかとか、君のフライトが変更できるかとか。そういうこと。』



「家は100%チャージされるって。フライトは知らない。
変更しないといけないけど・・・でも私もう疲れちゃった。いろいろなことするの。」


ちょっと冷たく言った。
はっきり言ってももうどうでも良かった。


『そうか。家は僕のカードにチャージして。いけなくて本当にごめん。本当に残念だよ。』

どんな言葉も頭に入ってこなかった。


一人になると涙が溢れた。
これから、どうすれば良いのか不安がよぎった。楽しかったスペインも急につまらなく思えてきた。
もう一週間のお休みは切り上げて日本に帰ろうか、それともスペインにこの残ろうか・・・。




でも何も考えたくなかった。
[PR]
by beautifulone | 2007-09-03 21:11 | 恋愛


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧