遠距離恋愛 ~Bellina~



<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


ふと思い出したこと


夜たくさんの夢を見た。
多分色々なことに対して不安なのだろう・・・。

今はイタリアにいる。前Bijouxが私の滞在中に尋ねて来てくれたホテルに泊まっている。
色々な思い出が頭をよぎる。

--------------------

Bijouxは、ものが好き。
色々なものを買うし色々なものを持っている。

Bijouxは、滞在先のホテルに着くと、バックの中身はすべて出す。
たった一泊でも部屋があっという間にBijouxのものでいっぱいになる。

クローゼットは、彼の洋服がきちっとハンガーにかけられ、バスルームは彼のフレグランスなどきちっと並べられる。
そしてチェックアウトの時、彼はとてもナーバスになる・・・時間がかかるのだ。
だから私はその時、居合わせるのが嫌い。
なぜならば張り詰めた空気の中何をしたらいいのかわからなくなるから。

日本からBijouxがアメリカに戻る日の朝、私はBijouxにメールをした。
「パッキングはどんな感じ?」
終わったころに、ホテルに向かおうと思っていた。

『ほとんど終わったよ』

安心した。着いたとき、部屋はほとんどきれいになっていた。
『あと5分ぐらいで終わるから待ってて。』
という言葉をきいて私は、ソファーに座って待っていた。

それから少しして、彼がイライラしているのが伝わってきた。
バックに入っていた荷物を出している。そしてスーツケースに入れ替えたりしている。

「何か手伝う?」

彼は何も言わなかった。
なんとなく張り詰めている空気。これが嫌なんだな・・・。と思っていた。だんだんイライラしている雰囲気が伝わってきた。
その後もほとんど話をしなかった。

成田へ向かう成田エキスプレスにぎりぎり間に合った。
しかし急に私も成田に行くことになったので私だけチケットを持っていなかった。
こんなときに限って席が満席。

『僕は立ってるからいいよ。僕のところに座って。』
・・・普通のBijouxだった。

でもなんだか私は、いてもたってもいられなくなりドアをでた。

涙が溢れてきた、何で彼は機嫌が悪かったのか全然理解ができなかった。
しばらくしてBijouxが来た。

『僕電話しないといけないところがあるから、席座ってて。』

それは、単なる言い訳で私を席に座らせようとしているのがわかった。
涙は止まらなかった。


『どうして泣いているの?言わなきゃわからないよ。』
Bijouxは私を抱きしめた。


私は説明をし始めた、イライラしているのは見てわかる、何かできるか聞いても何も言ってくれないし、それで何もできなくて・・・スゴク疲れて、ずっと怒っているみたいなBijouxを見て色々考えて・・・もう疲れてイヤっていうこと。

Bijouxは言った。
僕が片付けているときに私を待たせている自分に頭にきたこと。
いろんな理由があったけれど・・・それに要約をすると、自分が何も言わなくても手伝って欲しかったことのかなって思った。

“忘れ物は?クローゼットに何か置いてない?冷蔵庫は?”
・・・とか聞いて欲しかったと言った。

今考えると何か、くだらない理由だなー。って思うけれど・・・あの時は本当に辛かった。


何かあったときは、話し合える。
『それは、僕努力できるんですよ。』って言ってくれる。



そんなことをふと思い出した。
[PR]
by beautifulone | 2007-01-25 20:02 | 気持ち

おしまい


よく考えると私にとって、Bijouxを超える人は出てこない。
世界中を探しても・・・きっといない。

Bijouxは、私が理想としている人に限りなく近い。
私は、すぐこうやって頭で考えるからダメ・・・なのは分かっている。

じゃぁ、私にとってTataと言う人はどう?
Tataとは、一緒にいて自然だし楽しい。何でも言える。
でも今のような駆け引きの関係は疲れる・・・。
それに、私は既に彼の色々なテストに最近落ちてしまったようなので・・・続く可能性はないかもしれないけど(苦笑)


第一印象でTataとBijouxがいたらどう?
好みはあると思うけれど・・・きっとほとんどの人がBijouxを選ぶと思う。私の母親はどうかな?
父親は?
・・・もしかしてTata? 

なんとなく物腰が柔らかいし、私が初めてTataと会ったときに、父は彼に会っているから・・・身元が安心な感じがしていると思う。
Bijoux に関しては、最近続けて事故とか不運な事が起こっているから、父親はちょっと心配している。


私にとってのBijouxは・・・?
Bijouxって何か怖いっていうか、威圧感があるけれど私をとっても大切にしてくれる。
絶対に裏切らないと信じられる。
でも彼とは、いいときもあるし、悪いときもあって・・・いつも楽しいって言う感じではないけれど、一緒にいて安心するし幸せを感じる。
一緒にいればいるほど、幸せになっていくのが分かる。

でも、なぜ今私はこんな事を考えているの?

Bijouxとは、もう4年の歳月が経ち、これからどのようになるにせよ、何かしらの結果を出す時期にきていると思う。
自分たちの意図ではないにせよ、時間はドンドンすぎている。親の言うように今の状態を続けていても意味があるのだろうか。

そんな中、Bijoux 以外の選択肢の1人として、私はTataを見つけたのだろう。
でもTataだって日本人女性と結婚したいと言っていて、彼の理想に近い人を探し・・・私をセレクションの1人として考えている事も明らかだった。
だからお互い様。

私はずるくって、計算高い。

Tataには、会ってまだそんなにたってないし、深く色々分かっている訳ではないけれど彼のことは信頼できる。
何かあったら絶対に助けてくれる。
私も彼を色々手助けしてあげることができると思う。あと・・・Bijouxに比べて健康。

単純に比較すると、Bijouxは頭の怪我をしたから体調が心配。
怪我をしたから さようなら? ・・・私の思いはそんな薄っぺらなの?
でも・・・私は一生懸命考えた。
まだ今なら引き返せる。引き返すべきだとLaraさんに言われて私は納得をしたんだ。
もうやめたほうがいいって。

でも『会えるのを楽しみにしている。』というBijouxの言葉。暖かかった。本当に。
そう。今は思う、Bijouxに会って本当のところはどうなのか確かめなくてはいけない。
その前に、勝手に自分で判断してはいけない。
私はやはりBijouxに会って決めないといけないんだ。


だから・・・だからTataとはおしまい。
くだらない駆け引きのお遊びなんてしている場合ではない。

Tataに、私からフォーマルなメールをした。


「Tata様

素晴らしい夜をシェアしてくれてありがとう。
ベルギービールは驚嘆すべく、隠れ家のフレンチは私をとりこにさせ、踊る事の楽しさをあなたは思い出させてくれました。
あなたと過ごした時間は楽しかったという事、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。

Warmly そしてお元気で。

Beautifulone」


お別れのメールには見えないかもしれないけれど・・・でも今までの感謝と想いを一生懸命Tataへ込めて書いた。
もし彼から返事が来ても、もう返信はしない。
Tataには、今週からイタリアに行くと伝えてある。だからメールの返信がなくてもおかしく思わないだろう。

コレを見て彼は、さよならとは思わないだろう。

だから丁度いい。
私からの最後の連絡は、私から彼への想いが沢山つまったメールとして残すのだ。

『僕たちの関係は、君がいつも強いよね。』・・・最後に会った日も彼は言った。

このメールを見たら、彼は自分は想われている。
優位に立っていると思って・・・きっと満足するだろう。
だから丁度いいの。
[PR]
by beautifulone | 2007-01-16 21:06 | 気持ち

自分の気持ち



Bijoux から電話が来た。


元気な声だった。
今までと同じBijoux。
一緒に居たときの、色々な思い出がフラッシュバックしてきた。
やっぱりBijouxと話すと安心する・・・。

『今NYに着いたばかり。仕事ばかりで、全然誕生日って気がしないよ。』

「でも、まだ日にちは変わっていないでしょ。お誕生日おめでとう。」

『ありがとう。じゃ、これから1人でワインを飲もうかな。』

しばらくして、そっと言った。
『・・・・もしかしたら、可能性があるんですよ。』

「なにが?」


『東京に・・・行けるかもしれない。とにかく、会えるのを楽しみにしている。わかったらすぐ連絡する。』


すごく嬉しい。けど一瞬戸惑った。
Bijouxが来るときは、Tata 日本にいるかな・・・出張に行ってるといいな。って。

何だか、自分が二股をかけている悪い人に思えてきた。
自分の気持ちがわからない。

Bijouxと話したときの、ホッとしたような、心を許して話す安心感はとても特別。
遠距離で離れていることについては、今まで付き合ってきた期間の中では大きな問題ではなかった。それは、離れていても彼との心のつながり、安心感をいつも感じることができたから。

でも彼の体調に関わった色々な問題点に関して、彼は自分自身で調整をしなくてはいけないと考えている今、私は何もできない。
今は・・・その彼の苦しみの中、私は何もできずにいる。
そしてそれは、安心する期間よりも当然長い。

彼の体調のことは、Bijouxにも・・・私にもわからない。
そして私が何もできずに不安に思う時期が今の私の中で蓄積されていき心が揺れているのだろう。

ただ、仮に彼の体調のことについて、私にシェアしてきても私は助けてあげることができるのだろうか。

もしかして私は、ここから逃げたくて・・・他のところへ揺れているだけなのではないだろうか。
[PR]
by beautifulone | 2007-01-15 21:25 | 気持ち

Great time



それは、0時半ぐらいだったと思う。
一緒にいる間、Tataは2回メールを送っていた。

"at bar XXX"

しばらくしてまた。

"at bar XXX"

明らかに誰かのメールに返信をしている。
本当は誰かと約束していたのかな?それとも、夜はいつもこんな感じで何人かとメー
ルをしたり又は、出歩いているのだろうか。


-------------------------

夕食の後、彼は言った。

『ここからだと、どの駅から君は家に帰るの?』

「タクシー」

『また、君は・・・。』

「だって・・・ここからだと不便だし、それじゃぁ私の家の駅まで一本の駅まで送っ
てくれる?
それかもう一軒行くって言う手もあるけど。」

なんと、私からもう一軒行こうと誘ってみた。
どんな反応をするかちょっとドキドキしながら彼の横顔を見た。

一瞬ちょっと照れたのを隠しているような、喜んだ顔をした。

『でも、僕達今までそんなことしたことないよ・・・。』


そう。
私達は、毎回なぜか夕食を一緒にした後は必ずすぐお別れをしていた。
早いときは9時ぐらいに、別れたときもあった。

夕食の後にどこかに行くことは今まで一度もなかった。

『いいよ。じゃどこに行こうか。何をしたい?』

「そうねー。ただおしゃべりするとか?あなたは?」

『僕はね、いつもああいう雑居ビルに入っているお店は何なのか知りたかった。
一緒にチェックしてみない?』

怖いなーと思いながら、一軒目のビルに入ってみた。
とりあえず全てのエレベータのボタンを押す。

「だめ!ここは、ホステスクラブだわ。」

「うーん。ここはカラオケみたい。」

「こういうところ、見てみたかった。ほらマンガがいっぱい。ちょっとだけ見学して
みよう!」


何か私の方が、ワクワクどきどきした。
朝の8時までやっていて今は人が1人もいないところもあった。
何か不思議だな。って改めて思う。
いつも行く街でも知らないことが沢山あって・・・その中に1人1人の生活があるん
だ。

しばらく探索したあと、人が沢山いて込んでいるBarがあった。
Barというよりは、クラブというのだろうか。
飲んだり踊ったりしている人がいる場所。

まさか、そんなところに彼が行くとは思えなかった。

『ここは?』

「別にいいよ。行ってみようか。」

彼はその店に来たのは初めてだと行ったけれど、そのわりにメールを誰かに返信していた
ときにお店の名前をすらっと書いていたところを見ると来たことはあるのだろうな。
と思った。

何か不思議な体験だった。
こんな場所にTataといること自体信じられなかった。

そして彼が一瞬席をはずしたとき、イギリス人の女性から誘われて私は一緒に踊っ
た。
楽しかった。
Tataが戻ってきたとき驚いた顔をしていたけれど彼を紹介して一緒に踊った。

彼の新しい一面を発見した感じだった。
多分Tataにとっても、私の新しい一面を発見したのだろう。


『Thank you. I really had a great time.』


そう彼は、タクシーに乗り込む私に向かって言った。

本当。楽しかった。
[PR]
by beautifulone | 2007-01-14 21:27 | 恋愛

Tataの本音は


Tataは、私に興味がないのかな。

何となく色んな態度があっさりしすぎている気がするし、何をしたのかとか、どこに行ったのかとか、誰と居たのかとか、色々聞いては来るけれど・・・
興味があるならもう少しSweetな言葉くらい言ってもいいんじゃない?

『クリスマスは、何をしていたの?君は、連絡をくれなかったね。
・・・僕は1人だった。っていうか、ヘッドハンターの50歳ぐらいの女の人に焼き鳥屋に連れて行かれた。後でその友達まで来てその人が酔っ払って大変だったよ。』

なんていうくせに、私の期待とは逆に・・・焼きもちを焼かせたいからなのか、何気なく自分は引く手あまただとか言うようなことを端々に含ませる。
それが又頭にくる。

Tata のところに、とある最近話題の D という国際結婚紹介会社から連絡が来たらしい。
彼らのデータベースの中に彼を入れたいので、お金はいらないので登録お願いしますと頼んできたとのこと。

『僕はそんなの必要ないから断ったけど、聞いた話だと日本人女性がゴールドメンバーになって、インターナショナルな会社のエグゼクティブ・ビジネスマンに紹介してもらうには、200万も払うらしいよ。』

私はその話にもびっくりしたけれど、彼がワザとその話をして自分はその部類に含まれているから貴重なんだよ。と私に何気なくアピールしてきたことが又引っかかった。


「ねぇ、是非そこに登録してよ。それでその200万を払う人たちとデートしてどんな感じか教えて◎それで素敵な人と出合ったら、またいいじゃない?」


私もワザと彼が求めているだろうと思われることと逆を言ってみた。
『僕はそんなの必要ない』

こういうところが、私って素直じゃないから・・・理解されにくいのかな。

『シンガポールでの仕事正式に断った。お金とかそんなの僕には重要じゃない。
やっぱり日本に居たいから。』

そっか、それで前会ったときに
『シンガポールってどう思う?君はシンガポールに住めるかな?』
・・・って聞いてきたんだ。


とにかく、彼は直接的ではないのだ。


「あなたって女っぽい。」

『いいじゃない。僕は、隠れ家的なレストランとかバーとか美味しい食べ物、ワイン、アートの話とか女性が好きなことに対応できるし、女の人にとっては夢の男性だと思うけど。』
冗談で言いながら笑ってる。


でも、そんな自分に酔っているわけ?
何か本当に男らしくない。
お姉さん2人がいる末っ子だから?甘やかされて育ったんだわ。




それでも、又会いたいって思うのは何なんだろう。


もう頭にきちゃう!
[PR]
by beautifulone | 2007-01-14 11:38 | 恋愛

不思議な関係


会ってすぐ私は言った。
あなたのメールは感じ悪い。何でそんなに意地悪なの?」

『ただ本当のことを言っただけだよ。だから君は本音をつかれて頭にきているんだ。』


こんなことまで言った。
『君はあと少しで今日のディナーをキャンセルしてくるところだったね。』

「そうして欲しかったの?」 
はっきり言ってものすごく頭にきた。

『別にどうでもいいよ。女の人は長い列を作って僕を待っているから。』
冗談とはわかっていても、何と言う傲慢な話し方なんだろう。


理解できない。


それでも、Tataとは会うととても楽しい。


私にはオフィシャルにBijouxがいるのでどんな人ともおかしな事には絶対ならないけれど・・・
普通男性と会い始めると、相手が3回目ぐらいで”正式に付き合いたい”と言ってきたり、手をつなごうとしてきたり、もっと悪い時は迫ってきたりする。
それで、お断りして・・・もう会わなくなる。のが常。

だからTataも、そのうちのどれかになるだろうと思っていた。


でも、彼とはもう両手の指では数えられないほど会っている。


しかし彼からは、甘い言葉も一切なければ・・・迫ってもこない。
だから続いているというのもある。
けれども・・・流れる雰囲気が男女を越えた友達。というようなものでもない。

こういうのって、私わからない。
[PR]
by beautifulone | 2007-01-13 10:10 | 恋愛

疲れる人



何なの一体?
喧嘩を売っているとしか思えないTataからの、メールの内容。

何度も何度も無視をしようとした。
来るメール、来るメールがどう考えても意地悪。

前Tataが仕事のDinnerで私の会社の側に来た事がある、そのとき会いたいと言われ私の会社の正面のそのお店で30分ぐらい会った。
それが彼にとってそんなに重要なことだったのだろうか。
それか、彼が行こうといったそのお店の事を、わざと覚えていないように言った冗談についてまだ根に持っているのだろうか。

覚えていない=そこを、好きではない=君にとってはどうでもいいこと
という変な数式を立てている。

まず手始めに、待ち合わせの場所の変更を言ってきた。

本当に疲れる。
何に対してムキになっているのか理解できない。
しつこすぎる。
[PR]
by beautifulone | 2007-01-13 09:38 | 恋愛

回りクドイ人


Tataに、返事はしなかった。
でも年始の挨拶もしていないのに、そのままメールに返信しないで置くのは礼儀に反すると思った。

それで次の日に一言、返信。


返事は一瞬で来た。
『君から来たと思っていたカードは他の人からだった。』

・・・やっぱりね。
もしカードが届いていたら、彼がこんな中途半端な時期そして時間にメールをしてくる訳がなかった。
だって、いつもTataからのメールは、一瞬で返事がくるから。
確信した。
メールをする理由としてこんなことを言ってきたんだ。

だから私は、ワザとそっけなく意地悪な冗談を言った。そして、彼はそれを私が本気で言ったと勘違いをした。

『ほらね。僕がそのことを言った時、君は何の話をしているのかもわからなかった。
君はやっぱりファンシーな場所しか好きじゃないんだ。
これでクリアだよ。』

もうこんな話題どうでもいい。
本当に疲れた。

『君がグランドハイヤット以外のところでも、やっていけるのかを試したんだ。』

は?どうぞ、どうぞ・・・。好きなだけテストでも何でもやってください。って気分だった。
Tataとは、会うと楽しくて時間も忘れてしまうけれど・・・今回みたいなメールのやり取りは本当に疲れる。

回りくどすぎる。
やっぱり男の人はダイレクトなほうがいい。

でも最後には、彼に会う約束を取り付けられてしまった。
何か罠にはまった感じ・・・よくわからない。
[PR]
by beautifulone | 2007-01-11 23:23 | 恋愛

何も考えたくない


”素敵なホリデーカードありがとう!
僕は、フィリピンの島へ旅行に行って、今帰ってきたばかり。
Hope to see you soon.”


・・・私Tataに、カードなんて送ってない。
何なの?
無意識に送ったの?
・・・・そんなことない。



会いたい気はするけど、返事もしていない。



何もかもわからない。
考えたくない。
何もかもわからない。
[PR]
by beautifulone | 2007-01-10 01:07 | 気持ち

自分の気持ち


寝ているとき電話がなった。
え・・・いま何時?こんな時間に電話してくる人って・・・。

『moshi moshi』

一瞬声が出なかった。・・・Bijouxだ。


「・・・はい。」

『ずっと連絡しなくて・・・本当にごめん。』 

Bijouxは、ゆっくりとただその言葉を言った。
そして、静かに私に話しをし始めた。


ずっと具合が悪かったこと。
薬の量も増えていること。
すべてのことをネガティブに考えてしまい、親を含めて誰とも連絡を取れなかったこと。
日本での仕事の話も全然先に進まず、うまくいかない事。


私は思った。


鬱だ。
・・・事故の後遺症。


私に話す言葉は一言一言、丁寧で誠意が伝わってきた。
嘘やいつわりがないのは、顔を見なくても電話でも十分すぎるほど分かった。

でも連絡がなくて心配したこと。
もしかして何か大変なことがおこったのではないかとか・・・本当に気が気でなかったことなどを、冷静に私はBijouxに説明をした。

『・・・いいニュースが全然なくて、何をやっても上手くいかないんだ。
だから、話しても暗い話ばかりするのは悪いと思った。

君の心配は、あなた自身にしかわからなくて・・・僕がわかるといっても薄っぺらいとわかる。
でも僕はできる限り君の事を理解しようと思うよ。
とにかく・・・心配かけて本当に悪いと思っている。
君が心配していると分かっているのに、暗い話しかないからと思ったのも悪かったというのも、理解している。

ごめん。本当に。』


同じような話を永遠にしていたような気がする。
一体どのくらい電話で話していたのだろう。


最後に私は言った。

「もうだめだと思ったし、やめようと思ってた。」


Bijouxはゆっくりと言った。 
『その気持ち分かる・・・。
僕が悪い。』


「親にもそう言ってしまったの。」


Bijouxは無言だった。
しばらく何も言わなかった。どのくらい沈黙したのだろう。


『その気持ち分かる・・・。』
静かに、暗い声で言った。

『これからは、大変なときも連絡をするように努力するから・・・。心配させて本当にごめん。』



話せて良かった。と思う。
でも私は彼と続けれるか分からないと思った。
こんなこと疲れるの。


でも・・・こんなときに彼を置き去りにしたら、きっと私は後悔するだろう。

どうしたらよいのか分からない。
[PR]
by beautifulone | 2007-01-10 00:03 | 気持ち


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧