遠距離恋愛 ~Bellina~



<   2006年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧


自分に驚き


昨日とあるイベントで、普段は結婚式などで使われる一軒のビルに行った。
3階建で、中庭にパティオがある会場であった。

2,000平米ある会場の2階の片隅から1階そして3階を見渡すと色々なことが頭をよぎった。



あそこはベットルーム。
その横の部屋のソファーの部屋に友達を呼んだり・・・。
天気の良いときは、3階から2階へ渡る階段のところにテーブルを置いてワインを飲んだり。
1階のパティオは、沢山知り合いを呼んだときに使おうかな。
天気の悪い時は、1階の暖炉のところで彼と2人で暖まったりしようかしら?
ベットルームの前には、小さいジャグジーを作ろう。
家の中だし外だけど誰からも見えない。
あの、シガールームにはホームシアターを置こう。


想像は膨らんでいく。


実は今まで、自分の住みたい家を想像したことはなかった。
今は実家だし、満足している。


自分が将来未来のパートナーと一緒に、そこにいる姿を想像していた。
そんなこと今まで一度もなかった。

自分で自分のことを驚いている。
来年は結婚しよう。


決めた。
[PR]
by beautifulone | 2006-11-29 23:23 | 気持ち

紅葉


Tataは、3週間の出張から週末に帰ってくる。


この間、歩いていたら急に 『君の約束は空っぽ』 とTataが言った。

あるとき、Tataは紅葉が見たいと言った。
”連れて行ってあげる。”・・・とその時私は何気なしに言った。


その言葉を覚えていた。
私は、別に嘘をつくつもりではなかったし・・・言葉だけの約束をしたわけではない。



帰ってきて、まだ落葉していなかったら・・・どこかに連れて行ってあげよう。
[PR]
by beautifulone | 2006-11-27 23:24 | 気持ち

タイミング


今までだって、色々な人と会った。

もちろん、Bijouxがいるから単純にお話をして、ご飯を食べて・・・それから飲みに行ったりだけれど。
それは今でも変わらない。
Bijouxのことは、裏切らない。
でも、4年間の間・・・数えられないくらい色んな人と出会ったと思う。

それでも、Bijoux よりいいなって思う人はいなかった。
会えば会うほどBijouxのことを考えている自分がいた。

今だって色々なことを頭で考えるとBijouxがいいのだろうって思う。
私の母親だって、Bijoux が好き。

でも・・・今私はTataのことを考えている。
考えたって、どうにもならないしTataと上手くいくって言うことでもない。

でも・・・Bijoux とは、タイミングがずれてしまったような気がする。
今は、又入院しているかもしれない。
それでもそれってタイミングが悪いって思うの。

ごめんね。
もうちょっと時間をください。
[PR]
by beautifulone | 2006-11-26 20:27 | 気持ち

Bijoux そして Tata

頭で色々考えるというのはきっと良くないのだろう。

Bijoux のこういうところが好きでこういうところが嫌い。
Tata のこういうところが好きで、この辺りはちょっと。

比較をすること自身がおかしいし、比較するべきではないって思ってるし分かってる。

イタリア滞在で、どちらとも連絡をせず2週間。
どちらを自分は大切に思い、誰と一緒にいたいのか分かるだろうと思った。

Tata の好きなオリーブを何種類か買った。

Bijoux の好きなワイナリーが作ったオリーブオイルを見つけた。
すぐに買った。
・・・でも、何となくいつあげるのか、あげる日があるのか分からない。

何だか分からない。
Tataに少し分があるのだろうか。そんなことを考えること自身自分がイヤ。

でもTataのことを想っている自分がいる。
[PR]
by beautifulone | 2006-11-24 21:04 | 気持ち

Bijouxへのメール

旅立つ前、Lara さん と電話で話す機会があった。

”その後、彼はどう?連絡はあった?”

「連絡はないです・・・。どうしたのか、何かおかしいなって思ってます。多分仕事が忙しいってことだとは思いますが・・・。」

”あなたが思っているほど、彼はあなたのことを思っていない証拠です。電話はしちゃだめ!メールをしなさい。
お元気ですか?何かあったか心配してるから連絡下さい。って書くの。電話はだめよ。”

そんなことを話した。
実は、あまりメールもしたくなかった。
正直私の気持ちはかなり、落ちてきている。

それにもう1ヶ月ぐらいBijouxと連絡をとりあっていない。
別に何があったわけではないけれど、Bijouxから連絡がない。
今までも頻繁に連絡をとっていたわけではないけれど、1ヶ月はちょっと長い感じがする。

どうしたのだろう。
多分仕事が忙しいというのと頭が痛くて他の事は考えられない。ということだと思うけど・・・とりあえずメールをしてみた。


・・・
[PR]
by beautifulone | 2006-11-18 21:44 | 恋愛

再会

イタリアにいる。
今、上海で仕事をしている Mimmoがイタリアに休みで戻ってきていた。
一年以上ぶりに会った。お互い大人になった気がした。

BijouxのことTataのこと話をした。
Mimmoは今上海でイタリア人の女性と付き合っていると話してくれた。もう一年経ったらしい。音沙汰なかった理由が分かった気がした。
でも良かった。

彼に他の男性の事を話せるとは思っていなかったけれど、男性の意見が聞けてよかった。
[PR]
by beautifulone | 2006-11-17 13:39 | 友人

J そして Bijoux


次の日、早速 ”J”から連絡があった。

見かけとか全然好みじゃないけれど何だかワクワクした。本当に魅力的な人だった。
デートに誘われた。
行くことにした。

あるイタリアンに連れて行ってくれた。
本当に楽しかった。

彼は結婚相手を探していた。
私に、同じ国籍じゃない人と結婚するのはどうか?とか色々聞いてきた。
その頃は、まだちょっと韓国に対して少し偏見を持っていた部分があって親は反対するかな・・・。なんて思ったのを思い出す。


出会ってから多分3日目ぐらい。
メールが来た。Bijouxから。
そっけない内容。

『この間メールアドレスをもらったけど、あっているかなと思ってメールしました。届いたか教えてください。』


・・・は?
私は、すでに ”J”モード。
興味ないなーと思いながら。

「ちゃんと届きました。アドレス合っていますよ◎」と書いた。

それから、
『Fというお店行ったことありますか?絶対に好きだと思うけど、土曜日行きませんか?』

土曜日は既に ”J” と約束をしていた。

「今度の土曜日は、Partyがあるの。偶然”J"もそのPartyに誘われているみたいだから、みんなで会えると楽しいですね。」とメールをした。

それは本当。
偶然同じPartyに誘われていた。
でもその前に ”J”と私は一緒にDinnerする約束をしていた。

結局、そのPartyに行ったのは、12時ぐらい。
行ってつまらなくて5分もしないで出た。

その後、BijouxがそのつまらないPartyで2時間も私を待っていたことを知った。



”J” は、サンフランシスコに帰っていった。彼は学生のときに起業をして、2つも会社を上場させた。とっても頭がいい。


日本に残された私は、Bijouxと会うことになった。
Fというお店に連れて行ってくれた。


まさに彼の、POWER DINNER。
お店の人はみんなBijouxを知っていて、彼が持ち込んだ素晴らしいワインをあけた。
全てがスペシャル。
良く行くエリアだったけれど、こんなステキなお店があるとは知らなかった。
・・・ステキな夜だった。


そして、Bijoux との2回目。
ある一軒家のステキなイタリアン。窓際のステキな席が私達の席。


”Gaia&Rey 99” そして、”Ornellaia”
・・・今では私達の定番ワイン。
まだ、2度目のデートだというのに彼は政治の話に一生懸命になり、私に対して討論をしてきた。
・・・私は疲れた。


『ごめん。僕はキミについて色々厳しく言っていたんじゃないんだ。
だだ、その話について一生懸命語っていて・・・。』

と真剣に謝ってきた。

『キミのことをもっと知りたい。君は本当にエンジェルだ。』

でも実は、私はもう会いたくないこんな人・・・。とまで思っていた。
本当に疲れてしまった。
でも彼の真剣な姿は何か切っても切れないような感じがした。


私は揺れていた。
気持ち的に”J"に惹かれているような気はするけれども、確信はなかった。


あまり期間も経たないうちに”J"が又東京にやってきた。
多分そのときは既に、Bijouxへの想いがあったのだろう。
”J"からの誘いに、100% Happyではなかった。
邪険にしてしまった。
結局、私が”J"からのアプローチ断り、それからもう連絡は途絶えてしまった。


後日談として、知ったのは彼はもう結婚したらしい。
彼は、韓国の某大財閥企業の跡取り息子だった。


Bijouxは彼の結婚式に行ったらしい。
でも一体いつ行ったのか、全然知らなかった。Bijouxは今でも”J"の話をしたがらない。
なぜなら私と”J"が何度かデートをしていたのを知っているから。



でもね・・・私はあなたを選んだの。
[PR]
by beautifulone | 2006-11-16 01:16 | 恋愛

Bijoux との出会い

このブログを始めたのは、2004年。
気まぐれにしか更新しないけれど・・・2年がたった。

しかしながら、今だかつてBijouxとの出会いのことを書いていないことに気がついた。


-----------------



今でも鮮明に覚えている。


会社をやめ、パリに留学をした後輩と久しぶりに会った。
彼女は、純和風な女性でいつも控えめでとても可愛らしい。
そして彼女は、私のことを慕ってくれていて何かあるごとに連絡をしてくれている。


それは、彼女がパリから帰ってその報告をしてくれたそんなある日。

夕食が終わっても語りつくせない話がたくさんあり、2件目へ行った。

その店は看板もなく、中も薄暗い。
当時は、本当に知る人ぞ知るという店だった。
今でこそ、誰でも知っているかもしれないけれど・・・。
今から4年半前は、
「えっ。ここって何?」・・・と思うような、シックなお店だった。


地下に入って思いドアを開けると独特な世界が広がっている。
入って一人の人と目が合った。


『こんな人と結婚したら幸せなんだろうな』
・・・それがBijouxだった。
今でもはっきりと覚えている。


しかし、席に着いたらそんなこと思ったことも忘れるほど会話に夢中になった。
しばらくして、私達の席に飲み物が運ばれてきた。

「??」

”隣のお客様からです。”

振り向いたら、アジア系の人が微笑んだ。

「ありがとう。」にこっとしてみた。
でも今はそんな人、興味なし。後輩の女の子と話をしなくては。


『あの・・・』
と話しかけてきた。興味はないけれどとても人懐っこい。

始めは邪険にしていたけれど会話が進むうち、一緒にいる彼の友人はフランス語を話すということが分かった。
後輩の女の子は日本に帰ってきてからフランス語を全く使わないので、話したいと言っていた。
それで私は決心をした。

「OK。いいよ。一緒に飲みましょう」
彼女を彼と話させよう!

それを聞いて、彼らは私達の席にJOINした。

後輩とそのフランス人とアメリカ人のハーフ。当然フランスも母国語の人。
・・・を一緒に話させ、私は、そのアジア系の人仮に ”J” と話していた。
そのときは、私が犠牲になる!と思っていた。

しかし、話せば話すほど彼は面白い。私は、”J” と2人の会話にのめり込んだ。

それから大分たって、後輩は言った。
”私そろそろ帰らなくては・・・。”

私はまだ ”J” 話したかったけれど行くことにした。
彼女はフランス語、ちゃんと練習できたかしら???

「では、私達帰ります。ありがとう。楽しかったです。」

といったら、J が名刺と連絡先を渡して、私の連絡先も聞いてきた。
”誘ってもいいですか?”と言って来た。
J は韓国系アメリカ人。
サンフランシスコから出張で来ていた。


そんな時、一言ぐらいしか話していない、後輩と話していた彼が私に連絡先を聞いてきた。
それがBijoux だった。
[PR]
by beautifulone | 2006-11-14 20:02 | 恋愛

会えない時間


美術館に一緒に行った。
週末のデート。
楽しかった。
こんなに楽しめるものなんだ・・・としみじみ思った。


何度会っても、全然迫ってきたりしないし・・・とても彼はスマート。
エスコートの仕方も、とても自然で幸せな気分になる。


私も気負いが全然ない。
一緒に居て楽。

他に誰かいるんだろうな。
・・・と思っていたのは完全に勘違いだということが分かった。
逆に彼がそう思っているみたい。
あたり。


Tataは、明日から3週間の出張にでる。
私も今週イタリアへ行く。

その間に私の気持ちはどう変わるのだろうか・・・。
会えない時間が、自分の気持ちや想いを分からせてくれるのだろうか・・・。
[PR]
by beautifulone | 2006-11-13 22:16 | 気持ち

メッセージ


ステキなメッセージをいただいた。


「何が正しかったか・・・なんて一生分からなくても自分が正しい選択をしたと信じていきたい。」


まだまだ私は何も決めることさえもできないけれど、今後何かを選択するとき、そして決めた後・・・後悔しないように、自分のことを信じていきたい。

そのためには、まず・・・Bijoux に会わなくては。





maya様ありがとうございました。
[PR]
by beautifulone | 2006-11-12 11:37 | 気持ち


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧