遠距離恋愛 ~Bellina~



<   2005年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


不思議

メールが来た。

・・・返事はしてない。




留守電が入ってた。

・・・かけなおしてない。



わからないけど、そういう気分じゃないの。
[PR]
by beautifulone | 2005-11-30 22:49 | 気持ち

思い込み

最近、Bijoux と連絡しなくっても全然悲しくない。寂しくない。
何かおかしいかな。
別に最近になって、特別なことを言われたわけでも何でもないのに。

前、心配したり悩んだりしていたときよく『考えすぎ』ってよくBijouxに言われた。

もしかして・・・遠距離恋愛して大切なのって「思い込み」を捨てること??
離れていると、無意識にいろいろ考えてしまうし・・・
特に悪いことって考えがち。
でも結果としてこの思い込みが一番不幸を呼ぶのかも(笑)

それでいて、思い込みは気付くのが難しいから・・・どんどん深みにはまったり。
そういう時は冷静な。他人の指摘を素直受け取ったほうがいいんだって。

最近、本当あまりBijoux とのこと悪いように考えなくなった。
でも、それで気持ちがなくなっている訳じゃないよ。
遠くでもちゃんと想ってる。

ありがと。
[PR]
by beautifulone | 2005-11-27 23:02 | 気持ち

2人を知っている人

帰ってきました。
イタリアは寒かった・・・。寒くてコートの襟を立てるだけでは震えがきた。

フィレンツェは、8月にBijoux と一緒に行った後初めてだった。

最後の日、早起きして市場に行った。
朝6時半。私がいつも行くお店に向かって急いだ。

このお店は、スローフードに認定されているさまざまな美味しいものが沢山ある。
本当は、食べ物は持ち帰ってはいけないけど私はいつも持って帰る。
必ず美味しいサラミとかチーズとか真空パックにしてもらってこっそりスーツケースに入れて・・・。

吐く息が白い。
市場といっても体育館のような中にある。だけど暖房もないから外のように寒い。
お店の前に着いたら電気はついているけどシャッターは閉まっている。

・・・
ど~しよぉおおお。時間ないのに。
お店の周りを一周して小さい穴を見つけた。覗いてみた。

いた!!

「FABIO まだ閉まってる???」
”あれ??どうしたのーーーーー???お帰りぃ!!”

そしてFabioは、シャッターを開けてくれた。
”元気?今日は彼と一緒じゃないの?”

ちょっと嬉しいのと、恥ずかしくなった。
「一緒に来たいけど・・・・なんていっても私たち遠距離だからね。」

”あのワイン全部飲んだ? あんなに沢山飲めるわけないか~。”
「ふふふ」

前回Bijouxと一緒に来たとき、Bijouxは普通イタリアの外では手に入らない珍しくて美味しいワインを買い込んだ。
一緒に京都に行ったときも、わざわざ持っていって飲んだっけ。

私たちは遠距離だし、2人で一緒にいるときのことを知っている人は限られている。
だから、こういう何気ない一言がとても嬉しい。

一時間ぐらいおしゃべりをしながらお買い物をした。
そろそろ、帰らなきゃ!といった瞬間。

お店のオーナーが、出勤!!!
”あーーーーー!!!来てくれてたの!!元気だった?嬉しいなぁ!”
と私を抱きかかえ、くるっと一回りした。

そんな時、奥さんのPaolaも登場
『なんてびっくり~~!元気そう!嬉しいっ★嬉しい★』

でも私は帰らなくてはいけなかった。
そして外で待っているTaxi のところまで彼女は、腕を組んで送ってくれた。

『今度来るときは、事前に言ってね。それで一緒にご飯食べましょう!』
『ううん。それより今度は、彼と一緒にうちにいらっしゃい。Chianti はずれの丘の上にある小さい家だけど美味しいもの用意するから。彼も一緒に、絶対いらっしゃい。』

私とBijoux、のことを知っている彼ら。
大好きな人たち。
こんな大したことのないこと・・・・ふとしたことだけど本当に嬉しかった。
[PR]
by beautifulone | 2005-11-27 02:55 | 恋愛

フィレンツェ

今、イタリアにいます。

着いた初日に、お気に入りのTrattoriaに一人で行きました。
そのお店の人でいつも良くしてくれるマウリッツォ。

ふと思い出した。
9月にBijouxと一緒に行ったとき、マウリッツォが私たちの関係を聞いてきたこと。
その後Bijouxは私にこう聞いた。

『ちゃんと彼に言った?僕は1ヶ月に1回日本に行っているって?』

1ヶ月に1回なんて全然来てないけど、こういうことを言う彼をとても嬉しく思ったのでした。
[PR]
by BEAUTIFULONE | 2005-11-19 23:59 |

最後の夜

イタリア旅行の最終日、私とBijouxはホテルのバーで飲んでいた。

1時を過ぎバーはクローズするため、強制移動。
昼間は日がサンサンと入るPark Hyatt のホールが2人だけのダークなスペースになり・・・夜2人だけで、ORNELLAIA の99年を飲みながら話をしていた。

次の日は、日本へ向けて旅立つ日。
私とBijouxは、違う飛行機だったためイタリアでの最後の晩酌だった。
はっきり言って夕方から飲み続けていた私達で・・・すでに、ワイン、シャンパンあわせて本日4本目だった。

私は気持ち悪くて、もう限界(苦笑)

部屋に戻ったのは夜明けの3時半。
Bijouxは、床に倒れている。

『悪いけど、氷を頼んでくれる?』

「わかった。でも何に使うの?」

『コーラ』

私はすでにボーッとしていた。
Bijouxも相当酔っ払っていたよう。
氷が来たときには私は、ベットに横たわり彼は、バスルームに大の字になって眠っていた。

「氷来たよ。明日早いから寝ないんでしょ!ほら起きて!」

『う~』

私は、眠い目をこすりながらグラスに氷を入れてコーラを注いで頭の横においてあげた。

「ほら、氷入れてあげたよ」

『・・・・・・・』

ありがとうぐらい言ってほしかった。彼は何も言わず動きもしない。
私は、すねてそのまま一人でベットに入った。

朝、6時。Bijouxは6時半には遅くても出なくては間に合わない。
私はノンビリ眠れるけど、彼はダメ。
起きる気配のないBijouxを必死でたたき起こし準備をさせた。
でも、ずっと何も言わない。口に出す言葉はすごく意地悪チックな音程。
何か怒っているみたい。

なんなの~一体!!
早く行っちゃえ。早く私は眠りたい。そんなことを思っていた。

空港から電話が来た。
優しい声。
でも私は、先ほどの怒りと・・・眠っていたところ起こされて、頭にきた。

『ごめん。寝てたよね。今飛行場。着いたらすぐ連絡してね。』

さっきまで、あんな態度だったのにムカツク~~~!!!・・・・・って思った。
東京で再会し、そんなこと忘れた頃聞いてみた。

「最後の日なんであんな態度したの?」

『だって君
・・・・・間違えちゃったから』

「は? 何を?」

『コーラに氷を入れた』

「・・・・???」

『あの氷は、コーラを入れて冷やしておくためで朝起きたら冷たいコーラを飲もうと思ってた。』

「・・・・・」


そんなの、言ってくれなきゃ分からないんですけど!!!
もぉ~~~~~~!!!!!ばかっ

男とか女なんていうのもナンセンスだとは思いますが・・・男の人って本当マイペースな人が多くないですか?
[PR]
by beautifulone | 2005-11-07 23:44 |

記憶

フィレンツェのあるレストランで頼んだワイン
”Gaia&Rey”
ワインがテーブルに運ばれてきたとき、Bijoux は小声で言った。

”だましてる。”

何のことかなと、思ったけどテイスティングの後教えてくれた。
オーダーしたのは1999年。運ばれてきたのは2000年。

『ま、いいや。ところで、このワインと2人の関係は?』

・・・全くもってわからない。それに2人って何?


「・・・・?」

『初めて2人でデートしたときに頼んだワイン』

あ・・・2人って私達のことか。
「・・・・? えっ、あそこで飲んだの?」


『ちがうよ。一番初めのデートは、そこじゃないよ。あのイタリアンだよ。』

「それって、2度目じゃない?」

『ううん。あそこが一度目。絶対!!』

・・・そうだったっけ?
でも、そんな細かいことを覚えてくれていたことがすごく嬉しくて。

「そうだったかも。デートなのに、色々討論して私怒っちゃったんだよね。」


ケタケタケタ・・・・

そんな笑いが2人を包み・・・・・
こんなことを、思い出した私に少し幸せな気分を又運んでくれました。
[PR]
by beautifulone | 2005-11-03 22:11 |

心配事


昨日の夜、彼のどういうところが好きで・・・どういうところがキライか書きたいと思った。
会社の帰りに考えていて、書いている間1人でドキドキした・・・・・。
それが、昨日のブログ。

でも、書きあがって、読み直したら



「・・・何これ、私片思い??」


「っていうか Bijouxは、私のこと好きじゃないのかも。」




って本気で思ってしまった。



笑わなくって、

メールとか電話とかあまりくれなくって、

マメじゃなくって・・・

しまいには、
お誕生日を忘れちゃうなんて。



それって、単純に気にかけてもらってないの???




すごく悲しくなってしばらく1人で考えこんでしまいました。




というか、今も実は心配になってます。




・・・本当は私のこと好きじゃないのかなって。
[PR]
by beautifulone | 2005-11-01 22:55 | 気持ち

惹かれる理由


頑固なところ

不器用なくらい、いつも真剣なところ

いっつもまじめで、なかなか笑わないところ

ちょっと斜に構えてこっちを見るところ

メールや電話をあんまりくれないところ

言葉で表現しないところ

小銭をまきちらしちゃった人のお金をいっこずつ拾ってあげているところ

コンビニで小銭を台の上に置いたら私を注意すること。(台の上のおいちゃうと、それをとるお店の人が大変だから)

『ありがとう』の一言は、ゆっくりとそして思いっきり気持ちを込めて言うところ

人になんと思われようと関係なく自分を主張するところ

普段はそんなこと感じさせないのに『僕はいつも1人だ・・・』なんて寂しがるところ

マメじゃないところ

お誕生日を忘れるところ

質問をすると、考えて考えてまじめに答えてくれるところ

ふっと子供を見るような顔をして笑いかけてくれるところ

普段は全然ロマンティックなことを言わないのに『本当・・・キレイですよ』って言ってくれるところ








そんな普段の色々なところ・・・・そのあなたのいいところや私にとって頭にきちゃう、だいっキライなところ。





この間の春。
日本に来るはずの予定が、延期になった。

一緒に、桜を見ようねって言ってたのに・・・。
と思って、写真をとった。短い言葉を添えてメールをした。




返事はなかった。







それから、ダイブたったある日電話が来た。


『元気?』



「うん。」



『最近どう?』




「写真。     見た?」





『今・・・・・



僕のPCの待ちうけになってる。』







「受け取ってたんだ。」





『・・・ごめん。
メールとか電話とかしないといけないって思ってる。』






こんな・・・・あなたに、私はなぜか惹かれているんだ。
[PR]
by beautifulone | 2005-11-01 00:06 | 気持ち


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧