遠距離恋愛 ~Bellina~



<   2005年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


Corso Como


ミラノについて、ホテルでメールを開くとアメリカの同僚からのメールが入っていました。
『もし、予定がなかったら食事しましょ。』
早速電話。
約束は8時半。ホテルに迎えに来てくれました。

向かったのは、Corso Comoにある ピエモンテ料理の"Delle Langhe"
カルラ・ソッツァーニや元Gucciのトム・フォードが良く来ると評判のお店。

Corso Comoは、人がいない静かな8月にBijouxと一緒に来たときとはまるで別な場所のよう。沢山のFashion Peopleで賑わっている。
二人でオープンテラスで冷たい白ワインを飲んだのを思い出してちょっとキュンとなった。

会いたいな。
[PR]
by beautifulone | 2005-09-30 18:42 |

帰って来ました

今朝、戻りました。
金曜日の帰国が一番好きです★
なぜなら、朝のフライトだと金土日の3連休みたいになるから。ということで、帰ってから早速のんびりワインを飲んで自分を甘やかしています(笑)

この時期のミラノは、ミラノコレクションということもあり一年のうち一番(?)力が入ってます。
色々なブランドの力作ショップウインドー、各国のプレスの人たちなど見ているだけでも楽しくなります。
面白かったのは、頭にマリリンモンローのお面をつけて歩いている某国のファッション・ジャーナリスト。そして足元を見ると裸足・・・・目が点です。
次の日見かけたら真っ白のコートに鳥の羽を頭につけていました。きっと、日本の雑誌のミラコレ関連記事でお目にかかれるでしょう(笑)
[PR]
by beautifulone | 2005-09-30 18:24 |

ミラノ


今日から、イタリアに行って来ます。
この間のミラノは、Bijouxと一緒だったから・・・う~ん。何か今回はひとりでちょっと寂しいな。

でも仕事だもんね。しょうがない、しょうがない。
[PR]
by beautifulone | 2005-09-23 06:25 |

『連絡=好きの度合い』??

付き合い始めたときは、彼は日本に住んでいました。
殆ど毎日会っていたかな。私に約束があるときは、待ち合わせの場所のそばまで来てくれて待ち合わせの時間までほんの15分ぐらいお茶をしたこともありました。

それから彼がアメリカに帰国することになり、遠距離が始まったわけです。
彼は、必ず日本に戻ってくると思っていたのであまり大げさに考えずに、『じゃーね』って言う感じでしたがそれから結局2年半。

行った当初は、私もイタリアにいたので連絡がないことを考えずに過ごしていましたが・・・日本に帰ってから考えると1ヶ月に1度の連絡なんてざらでした。
私は、もともと自分からは一切メールも電話もしないたちなので相手からの連絡のみが連絡を取り合う手段でした。(自分からしたいけど我慢をするタイプ笑)
最高は3ヵ月!よく待ってたなぁ。って感じです。
それからペースは変わっていますが。そのペースに慣れました。

人それぞれだとは思うのですが、男の人は自分の生活が思うとおりに安定しないと回りのことが後回しになるのではないかと思います。
というのも、Bijouxが帰国した当初は病院に入院したり仕事どころじゃなくコンサルタントの仕事しかしていませんでした。そのときが一番連絡がなかった気がします。

毎晩、会いたいな。声を聞きたいな…。と寝る前に何度思ったか。c0003216_11513048.jpg

そんな月日を経て、今変わってきたなって思うのは用事がなくても電話をくれたり・・・彼がちょっと不安なときに電話をくれるようになったこと。
『今日、大きな大きな会社のCEOに会うんだ。週末ずっと色々勉強して2時間しか寝てないんだよ・・・』とか。
そんな時言います。
『すごいね~。』 とか『絶対に大丈夫。』って本当にそう思うから。

『連絡=好きの度合い』なんて正しくないって思いませんか?
[PR]
by beautifulone | 2005-09-18 11:40 | 気持ち

2週間

Bijouxと一緒にいた時間。

日本にいるときは一応毎日会うけれど・・・この2週間のように朝から晩までずーっと一緒に時間を過ごしたのは初めてでした。
会社も16日間休んだので、後がちょっと辛かったけれど、でもとても有意義で・・・彼と一緒にいない今の気分は何か心にポカッと穴があいた感じ。

イタリアから東京へそして京都へと。幸せだったな。

この2週間を経てBijouxは、色々相談をしてくれるようになった。
私は何も出来ないけど
『すごいね~。』 『さすがBijoux!』 とか『絶対にあなたならできるよ。』って言う。
本当にそう思うから。そして・・・彼は、そういう言葉が嬉しいのだと思う。

私も彼に対しての不満とか苛立ちというのを今回の時間にきちんと話をした。
『それは、僕努力できるんですよ。』っていう、ちょっと不思議な言葉で返答してくれた。
心のすれ違いもあったけれど、それも含めて本当に良かった。
[PR]
by beautifulone | 2005-09-17 13:31 | 気持ち

ありがと

いっぱい大変なことがあるけれど・・・いつもの、あなただったら絶対に大丈夫。

絶対に乗り越えられるよ。
私も、日本から応援しているからね。
私も頑張る。

そして、あなたには何でもできる力があるもの。
[PR]
by beautifulone | 2005-09-13 00:18 | 気持ち

まちぼうけ

待ち合わせの約束は、ガレリアにある某ミラノのホテル。

でもイタリアの友達に、
『空港まで急に迎えに行って驚かせるべき!』という提言を受け、普段なら絶対に迎えになんて行かない私がちょっとその気になってマルペンサまで行った。
急に私が待ってたらどんな顔をするだろうってちょっとワクワクしながら・・・。
飛行機が到着して1時間が過ぎ・・・不安が駆け巡った。

『もしかして見逃したかな。』

1時間半が過ぎ・・・・不安になった私は友達に電話をした。
とりあえずHOTELにも電話をして、着いているかどうか確認をしてみた。
まだ着いていない。彼の携帯もつながらない。

『今Hotelに向かっているに違いない。待ち合わせはホテルだし、私が彼を待たせてしまう!』

と思い今度は急いでミラノに向かった私。
やっとの思いでホテルに到着したが、まだいない。
色々なことが頭をよぎる・・・
友達は、
『もし来なかったら、うちに戻っておいでね。1人で8万もする部屋に泊まるのは馬鹿らしいよ。』
どうしていいか、本当に分からなかった。
とりあえず、悲しいより・・・なんだかすごく悔しくなりホテルで待つのはやめミラノの街を放浪とした。

30分ほど歩き疲れてしまい、リナシェンテのTerrazzaでお茶をした。
『ここで1時間半待って電話が来なかったら、すべてキャンセルして友達の所へ行こう。』
・・・それから1時間後だった電話が来たのは。

『カバンを取られたんだよ』
[PR]
by beautifulone | 2005-09-10 23:42 |

嘘だと思った

本当。そう思った。

『ごめん。後で説明をするけど、ロンドンでかばんを取られたんだよ。』

ミラノで6時間待ちぼうけをした私は、怒りこそ見せなかったけど電話口で思いっきり怒った顔をしていた。・・・・・と思う。
[PR]
by beautifulone | 2005-09-06 21:30 |

友人の恋

彼女は、彼と2月に別れてそれから毎日辛い日々を過ごしていたよう。

前その話を聞いて日本から遠隔操作で、私のドイツ人の友達と引き合わせたことがある。
それは、別に二人をくっつけようって言うのではなくて・・・別れた後とかは色々な人と会って元気になったほうが色々刺激にもなるしいいって思ったから。

あれから、時間も少したっているしもう大分元気になっているかと思っていたけれどXXX
気持ちはそんなに早く変われるものではないんだよね。

もともと別れた彼は、彼女が勤めていた小さな会社のオーナー。
勤めていたときはお互い何の意識もなかったみたいなのだけど、やめてからのある日突然電話がかかってきて
『君が夢に出てきた。すごく会いたくてたまらない』って。
彼女的には『・・・・・????? Cosa dice ??? 何いってんの、この人??』って感じだったよう。でもそれから3ヶ月のメールの後再会してすぐ恋に落ちた。

それからずっと彼女からのHAPPYのメールが私の元へ来ていたし。幸せだった・・・・ほんの数ヶ月前まで。
結果としては、12年来の彼女との腐れ縁を切るに切れなくて結局私の友達を好きだけどさよならしたって話。私としては、そんな人最初から付き合うべきじゃないって思ったけど・・・好きになったらしょうがないのかな。私の場合、やっぱり頭で考えてしまっているのかもしれない。
そんな話をしながら町を歩いていたら前から彼のお父さんが・・・。

友達と彼のお父さんは、しばらく立ち話をしていた。その話のなかで『今回のことは本当残念だよ。うちの家族はみんな君の事好きだから』って言った。

彼女は泣いた。
・・・・夜も。次の日も。

『あんなところで会いたくなかった。彼が彼女とアメリカに旅行に行っているなんて知りたくなかった・・・』

c0003216_2254942.jpg
[PR]
by beautifulone | 2005-09-04 22:11 | 友人

友人

イタリアに旅立って最初は友達の家に行った。

彼女とは16年来の友人で初めはロンドンで会ったけれど、手紙やらメールやらでずっと仲良くしている。
彼女の家族とも何度も会っているので久々に会いたいなと思い、Bijouxとの約束の3日前に1人でイタリアに旅立ったのです。c0003216_1111648.jpg
ミラノについて、それから彼女の家に到着したのは22:00頃。

近況報告をし合ってから、私はすぐ眠りに落ちたのでした。
[PR]
by beautifulone | 2005-09-04 21:51 |


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧