遠距離恋愛 ~Bellina~



カテゴリ:旅( 15 )


イタリア

あっという間に、こんな時間。

明日からイタリアです。

東京より少し温度が高いようです。
夏好きな私としては、仕事だとしても・・・少しでも暖かい時期を過ごせるのは嬉しいです。
[PR]
by beautifulone | 2006-09-23 22:45 |

帰ってきました


今年は、久しぶりにフランス。
コートダジュールへ行っていました。しばらくフランス生活を楽しんでしまいました。

久々のフランス語だけの生活、最初はちょっと凹み気味でしたが・・・我慢強い先生のおかげで楽しく過ごせました。これからしばらくは、南仏料理★
なんて影響されやすいのでしょう、私って(苦笑)

明日からの現実生活。辛いなぁ。
[PR]
by beautifulone | 2006-08-27 14:51 |

行ってきます

夏休み。

知っている人達から自分を隔離し、知らない空間に自分を順応させ新しい自分の面を発見する毎年恒例の休み。
いつも仕事が忙しくて、追われている生活なので・・・自分を見つめなおす大切な時間。
今年は、南フランスへ旅立ちます。

もう長い間フランス語は話していないので、ブラッシュアップに頑張ります。
自分は、まだまだ頑張れる。
いつも甘やかされた生活なので、努力しなくっちゃ・・・。
色々なストレスからきっと解消されるでしょう。

この間は、きっとストレスでBijouxと話したくなかったのかな。ってちょっと思いました。
では行ってきます。
[PR]
by beautifulone | 2006-08-13 07:11 |

フィレンツェ

今、イタリアにいます。

着いた初日に、お気に入りのTrattoriaに一人で行きました。
そのお店の人でいつも良くしてくれるマウリッツォ。

ふと思い出した。
9月にBijouxと一緒に行ったとき、マウリッツォが私たちの関係を聞いてきたこと。
その後Bijouxは私にこう聞いた。

『ちゃんと彼に言った?僕は1ヶ月に1回日本に行っているって?』

1ヶ月に1回なんて全然来てないけど、こういうことを言う彼をとても嬉しく思ったのでした。
[PR]
by BEAUTIFULONE | 2005-11-19 23:59 |

最後の夜

イタリア旅行の最終日、私とBijouxはホテルのバーで飲んでいた。

1時を過ぎバーはクローズするため、強制移動。
昼間は日がサンサンと入るPark Hyatt のホールが2人だけのダークなスペースになり・・・夜2人だけで、ORNELLAIA の99年を飲みながら話をしていた。

次の日は、日本へ向けて旅立つ日。
私とBijouxは、違う飛行機だったためイタリアでの最後の晩酌だった。
はっきり言って夕方から飲み続けていた私達で・・・すでに、ワイン、シャンパンあわせて本日4本目だった。

私は気持ち悪くて、もう限界(苦笑)

部屋に戻ったのは夜明けの3時半。
Bijouxは、床に倒れている。

『悪いけど、氷を頼んでくれる?』

「わかった。でも何に使うの?」

『コーラ』

私はすでにボーッとしていた。
Bijouxも相当酔っ払っていたよう。
氷が来たときには私は、ベットに横たわり彼は、バスルームに大の字になって眠っていた。

「氷来たよ。明日早いから寝ないんでしょ!ほら起きて!」

『う~』

私は、眠い目をこすりながらグラスに氷を入れてコーラを注いで頭の横においてあげた。

「ほら、氷入れてあげたよ」

『・・・・・・・』

ありがとうぐらい言ってほしかった。彼は何も言わず動きもしない。
私は、すねてそのまま一人でベットに入った。

朝、6時。Bijouxは6時半には遅くても出なくては間に合わない。
私はノンビリ眠れるけど、彼はダメ。
起きる気配のないBijouxを必死でたたき起こし準備をさせた。
でも、ずっと何も言わない。口に出す言葉はすごく意地悪チックな音程。
何か怒っているみたい。

なんなの~一体!!
早く行っちゃえ。早く私は眠りたい。そんなことを思っていた。

空港から電話が来た。
優しい声。
でも私は、先ほどの怒りと・・・眠っていたところ起こされて、頭にきた。

『ごめん。寝てたよね。今飛行場。着いたらすぐ連絡してね。』

さっきまで、あんな態度だったのにムカツク~~~!!!・・・・・って思った。
東京で再会し、そんなこと忘れた頃聞いてみた。

「最後の日なんであんな態度したの?」

『だって君
・・・・・間違えちゃったから』

「は? 何を?」

『コーラに氷を入れた』

「・・・・???」

『あの氷は、コーラを入れて冷やしておくためで朝起きたら冷たいコーラを飲もうと思ってた。』

「・・・・・」


そんなの、言ってくれなきゃ分からないんですけど!!!
もぉ~~~~~~!!!!!ばかっ

男とか女なんていうのもナンセンスだとは思いますが・・・男の人って本当マイペースな人が多くないですか?
[PR]
by beautifulone | 2005-11-07 23:44 |

記憶

フィレンツェのあるレストランで頼んだワイン
”Gaia&Rey”
ワインがテーブルに運ばれてきたとき、Bijoux は小声で言った。

”だましてる。”

何のことかなと、思ったけどテイスティングの後教えてくれた。
オーダーしたのは1999年。運ばれてきたのは2000年。

『ま、いいや。ところで、このワインと2人の関係は?』

・・・全くもってわからない。それに2人って何?


「・・・・?」

『初めて2人でデートしたときに頼んだワイン』

あ・・・2人って私達のことか。
「・・・・? えっ、あそこで飲んだの?」


『ちがうよ。一番初めのデートは、そこじゃないよ。あのイタリアンだよ。』

「それって、2度目じゃない?」

『ううん。あそこが一度目。絶対!!』

・・・そうだったっけ?
でも、そんな細かいことを覚えてくれていたことがすごく嬉しくて。

「そうだったかも。デートなのに、色々討論して私怒っちゃったんだよね。」


ケタケタケタ・・・・

そんな笑いが2人を包み・・・・・
こんなことを、思い出した私に少し幸せな気分を又運んでくれました。
[PR]
by beautifulone | 2005-11-03 22:11 |

Corso Como


ミラノについて、ホテルでメールを開くとアメリカの同僚からのメールが入っていました。
『もし、予定がなかったら食事しましょ。』
早速電話。
約束は8時半。ホテルに迎えに来てくれました。

向かったのは、Corso Comoにある ピエモンテ料理の"Delle Langhe"
カルラ・ソッツァーニや元Gucciのトム・フォードが良く来ると評判のお店。

Corso Comoは、人がいない静かな8月にBijouxと一緒に来たときとはまるで別な場所のよう。沢山のFashion Peopleで賑わっている。
二人でオープンテラスで冷たい白ワインを飲んだのを思い出してちょっとキュンとなった。

会いたいな。
[PR]
by beautifulone | 2005-09-30 18:42 |

帰って来ました

今朝、戻りました。
金曜日の帰国が一番好きです★
なぜなら、朝のフライトだと金土日の3連休みたいになるから。ということで、帰ってから早速のんびりワインを飲んで自分を甘やかしています(笑)

この時期のミラノは、ミラノコレクションということもあり一年のうち一番(?)力が入ってます。
色々なブランドの力作ショップウインドー、各国のプレスの人たちなど見ているだけでも楽しくなります。
面白かったのは、頭にマリリンモンローのお面をつけて歩いている某国のファッション・ジャーナリスト。そして足元を見ると裸足・・・・目が点です。
次の日見かけたら真っ白のコートに鳥の羽を頭につけていました。きっと、日本の雑誌のミラコレ関連記事でお目にかかれるでしょう(笑)
[PR]
by beautifulone | 2005-09-30 18:24 |

ミラノ


今日から、イタリアに行って来ます。
この間のミラノは、Bijouxと一緒だったから・・・う~ん。何か今回はひとりでちょっと寂しいな。

でも仕事だもんね。しょうがない、しょうがない。
[PR]
by beautifulone | 2005-09-23 06:25 |

まちぼうけ

待ち合わせの約束は、ガレリアにある某ミラノのホテル。

でもイタリアの友達に、
『空港まで急に迎えに行って驚かせるべき!』という提言を受け、普段なら絶対に迎えになんて行かない私がちょっとその気になってマルペンサまで行った。
急に私が待ってたらどんな顔をするだろうってちょっとワクワクしながら・・・。
飛行機が到着して1時間が過ぎ・・・不安が駆け巡った。

『もしかして見逃したかな。』

1時間半が過ぎ・・・・不安になった私は友達に電話をした。
とりあえずHOTELにも電話をして、着いているかどうか確認をしてみた。
まだ着いていない。彼の携帯もつながらない。

『今Hotelに向かっているに違いない。待ち合わせはホテルだし、私が彼を待たせてしまう!』

と思い今度は急いでミラノに向かった私。
やっとの思いでホテルに到着したが、まだいない。
色々なことが頭をよぎる・・・
友達は、
『もし来なかったら、うちに戻っておいでね。1人で8万もする部屋に泊まるのは馬鹿らしいよ。』
どうしていいか、本当に分からなかった。
とりあえず、悲しいより・・・なんだかすごく悔しくなりホテルで待つのはやめミラノの街を放浪とした。

30分ほど歩き疲れてしまい、リナシェンテのTerrazzaでお茶をした。
『ここで1時間半待って電話が来なかったら、すべてキャンセルして友達の所へ行こう。』
・・・それから1時間後だった電話が来たのは。

『カバンを取られたんだよ』
[PR]
by beautifulone | 2005-09-10 23:42 |


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧