遠距離恋愛 ~Bellina~



カテゴリ:恋愛( 91 )


疲れる人



何なの一体?
喧嘩を売っているとしか思えないTataからの、メールの内容。

何度も何度も無視をしようとした。
来るメール、来るメールがどう考えても意地悪。

前Tataが仕事のDinnerで私の会社の側に来た事がある、そのとき会いたいと言われ私の会社の正面のそのお店で30分ぐらい会った。
それが彼にとってそんなに重要なことだったのだろうか。
それか、彼が行こうといったそのお店の事を、わざと覚えていないように言った冗談についてまだ根に持っているのだろうか。

覚えていない=そこを、好きではない=君にとってはどうでもいいこと
という変な数式を立てている。

まず手始めに、待ち合わせの場所の変更を言ってきた。

本当に疲れる。
何に対してムキになっているのか理解できない。
しつこすぎる。
[PR]
by beautifulone | 2007-01-13 09:38 | 恋愛

回りクドイ人


Tataに、返事はしなかった。
でも年始の挨拶もしていないのに、そのままメールに返信しないで置くのは礼儀に反すると思った。

それで次の日に一言、返信。


返事は一瞬で来た。
『君から来たと思っていたカードは他の人からだった。』

・・・やっぱりね。
もしカードが届いていたら、彼がこんな中途半端な時期そして時間にメールをしてくる訳がなかった。
だって、いつもTataからのメールは、一瞬で返事がくるから。
確信した。
メールをする理由としてこんなことを言ってきたんだ。

だから私は、ワザとそっけなく意地悪な冗談を言った。そして、彼はそれを私が本気で言ったと勘違いをした。

『ほらね。僕がそのことを言った時、君は何の話をしているのかもわからなかった。
君はやっぱりファンシーな場所しか好きじゃないんだ。
これでクリアだよ。』

もうこんな話題どうでもいい。
本当に疲れた。

『君がグランドハイヤット以外のところでも、やっていけるのかを試したんだ。』

は?どうぞ、どうぞ・・・。好きなだけテストでも何でもやってください。って気分だった。
Tataとは、会うと楽しくて時間も忘れてしまうけれど・・・今回みたいなメールのやり取りは本当に疲れる。

回りくどすぎる。
やっぱり男の人はダイレクトなほうがいい。

でも最後には、彼に会う約束を取り付けられてしまった。
何か罠にはまった感じ・・・よくわからない。
[PR]
by beautifulone | 2007-01-11 23:23 | 恋愛

学ぶべきことは?


クリスマスに連絡が来なかった。
電話もメールも。
私が送ったE-Cardの、開封メッセージも届かない。
相変わらず電話は呼び出しもしない。


おかしい。
何かが起こった。
・・・入院して意識不明とかそんなのじゃないよね。
・・・死んだりしてないよね。


私が他の人に気をとられているとき、Bijouxに何かが起こっていた。
気がつかなくてごめんね。
それとは関係ないかもしれないけど・・・とにかく、ごめんなさい。


考えてみると、すべてのタイミングがおかしい。
付き合ってこの4年間いつも何かから阻まれている。
いつも絶妙なタイミングで起こっている。

これが運命というものなの?
私とBijouxは、こういう風に終わってしまうの?Bijouxと私は一緒にはなってはいけないの?


すべてのことは、なるようにしてなると思う。
そして、物事が起こるのは自分に対しての足りない部分、学ばなくてはいけないところを教えてくれているのだとも思う。
1つのことがクリアできずに次に行っても又同じところで躓いてしまう。

今回のことは私に何を教えようとしているの?
私は今回のことで何を学ぶべきなのだろうか。


私は、どうしたらよいのだろう。
どうすべきなの?


もう少し・・・待ってみよう。
もう少し待って・・・何もなかったら。


Should I move on・・・?
[PR]
by beautifulone | 2006-12-28 01:33 | 恋愛

待ち合わせ

Tataは時間に正確である。

この間、Tata と待ち合わせをしたとき少し遅れそうになった。
待ち合わせ場所に急いで向かっているとき、携帯を見ると留守電が入っている。

『南口わかりません。今はスターバックスにいます。電話ください。』

良かった。
待ち合わせに少し遅れたことがばれないかも・・・。と思った。
それから連絡を取り合い、結局会えたのは約束の時間の15分後だった。


『いつも待ち合わせでは、君が問題をつくるねー。』

と笑いながらTata は言った。

というのは実は以前の待ち合わせでは、彼に言われたところと違う場所で私は待っていたから。
今回は私が指定した場所を、Tataが場所を知らなかったから私が悪いわけではないけれど、何となくその言い方が面白かった。

「前は私が間違えたけど、今回は私が悪いんじゃないよ。あなたが知らなかったんだから。」

『でも、人に聞いたけど誰も南口なんて知らなかったよ。』

「じゃ、これからのために南口の場所を教えてあげる。ご飯に行く前に南口に行きましょ。」

Tataは笑った。


『君はもう、僕との未来のことを考えているの?また未来に僕と待ち合わせるの?』


「もー、待ち合わせない!」


何だかとても、暖かな気分になった。
[PR]
by beautifulone | 2006-12-16 01:15 | 恋愛

恋愛に不器用な人 2


『冬休みはどうしようかな?』 とTataは言った。

『ロンドンから帰ってきたらすぐクリスマスだし、その後1週間ぐらい休みを取ろうかとも思うんだけどどう思う?』


・・・あの、どうって言われても。


「家に戻って両親とかとクリスマスとかお正月はしないの?」


『この間帰ったし、今年は帰らないつもり』

「じゃ、東京にいるの?」

『東京に1人でいてもつまらないし、どこかに行こうかと思うけど。』


あまりにも意味のない分からない会話なので、ちょっとほっておいた。


『ごめんね。ブルジョワな悩みだったねー。』 


・・・と笑って、冗談を言い彼は会話を終わらせた。



こんな会話、取りようによってはどんな風にも理解ができる。

そういうのは私嫌い。
直接的に、言わなければ何も始まらない。


でしょ?



私は自分から、先回りをしたようなことは言わない。

仮にTataが今私を、誘ってきても当然・・・YESとは即答できないけど。
だって、YES = Bijoux とお別れ だから。


・・・でも、会いたいな。
・・・早く帰ってこないかな。
[PR]
by beautifulone | 2006-12-13 20:53 | 恋愛

恋愛に不器用な人


Tata は、今ロンドンにいる。今回は1週間。

日本に帰ってから、First night out をしてすぐにロンドンに旅立った。
別れ際に言った。


『戻ったら連絡するね。』

・・・なんか不思議な気がした。


前、3週間の出張に出る前に最後に会ったときの別れの言葉は

『Merry Christmas 』 だったから。


まだ11月の初めなのに ”なんでメリークリスマスなわけ?
もう会わないって事??”

・・・と私はちょっと頭にきたことを思い出す。
今となって考えると、絶対にワザと言ったんだろうけど。


とにかく、そういうことが多すぎる。
何か相手の出方を見ていると言うか何と言うか・・・。


やっぱり男の人は堂々と自分の気持ちをしっかり伝える人がいい。

でもそういう人って、大体女の人になれていてチャラチャラしている人が多いから
・・・Tataみたいな不器用なほうがいいのかな?


ま、あまり考えるのはやめよう。
[PR]
by beautifulone | 2006-12-11 21:33 | 恋愛

本当の気持ち


友達と飲みに行った。
話しているうちに、お酒が強いとか弱いとかそんな話になった。

話の流れで、Bijoux の話しになった。

「そうなのー。あの人は本当に強いから、私は一緒にいる時にどうやって酔わないよ
うにしながら一緒に飲むかをいつも考えちゃう。
どうやってBijouxに気づかれないうちに沢山注ぐかとか(笑)」

Bijouxは、背が193cmある。
もともとアメフトの選手だったから身体もがっちりしている。そんな人と一緒になっ
て飲んでいること自身が無理がある。・・・と思う。
最低でもまずは、白ワインそして赤。これは絶対に必須。
でも休みの日とかは、ディナーの前から既にワインをあけたりその他のアペリティフ
などを飲むのでかなりの量飲んでいる。
旅行なんか行くともう大変。最高で一日4-5本の勢いで飲んでいる気がする。

そんな話をしていてなんか懐かしくなった。
友人は言った。

”やっぱり、あなたにはBijoux さんが必要なのよ。
絶対にフェイドアウトしちゃだめよ。”

・・・Bijoux。


フェイドアウトは絶対にしない。
4年もの間大切にしてきた想い。
今自分の気持ちが一瞬分からなくなっているけれど、あなたは裏切らないから。


ねぇ、あなたは今何をしているの?
[PR]
by beautifulone | 2006-12-10 10:41 | 恋愛

First night out

段々とTataのことが分かってきた。
表面には見せないけれど、とても シャイ。強そうにしているけれど、とても心配性。


待ち合わせ場所で私を待っていた彼は恥ずかしそうに言った。
『君はとてもステキだね。僕はまだ体調が悪くてごめん。目もまだ赤いでしょ。』

結膜炎なんて病気でも何でもないって思うけれど彼にとっては重大なこと。
何でも3回救急治療室に行ったとか、今日も朝病院に行ったとか、こと細かく話してくれた。
私がそっけなくすると、怒るし・・・とにかく子供みたいにずっと心配している。
目が見えなかったときもあったらしくて、失明するのではと悩んでいたらしい。


いつもビジネスディナーや何かで毎晩毎晩、外に出歩いている彼が、出張から帰って仕事以外はとにかく家で過ごしていた。
出張後のFirst night out が私とのディナー。

彼の一言一句を聞いているとそれが本当だと言うのが分かった。

他に誰かが、何て思ってごめんなさい。と思った。
[PR]
by beautifulone | 2006-12-09 22:24 | 恋愛

本当に手に入れたいものは?

Tataのせいではないけれど、不安で揺れている気持ちで一日過ごしたのでチョッピリ意地悪したい気分になった。


『金曜日ぐらいまでには、体調も良くなっていると思う。
それから会いませんか?・・・良い夢を。』

というメールに、その日には返事をせず次の日にメールの返信を書いた。


”じゃ、金曜日ね。”
と返信すべき(?)であっただろうけど


「そうね。治ったら会いましょう。」


・・・・と、ちょっぴりハードルをあげてみた。
これでTataは、もう一度きちんとお誘いをしてこないと私たちは再会できない。




そのメールを受けて Tataは
『明日には、ダイブ良くなるかもしれません。』と返信をしてきた。



私はスルーをすることにした。
「仕事のしすぎじゃない?」


めずらしくちょっとイラッとしたようなメールの書き方で、

『結膜炎は、仕事のしすぎでなるものじゃないよ。』




Tata は、頑張って頑張っても・・・・私を手に入れたいと思ってくれるのだろうか。


でもここでダメだと思うのであればそこまでなんだ。
本当は私だって会いたいけど。
[PR]
by beautifulone | 2006-12-07 22:28 | 恋愛

揺れる想い

Tataからのメールでずっと嬉しい気持ちだったのに・・・夜に近づくにつれ不安になった。
初めは、Happyな内容として読んでいたメールも時間がたつにつれ、ネガティブにそして逆な方へ考えた。

なぜなら・・・会いたいって言いながら、それっきり誘ってこないから。

”本当は会う気がないのに、結膜炎なんて言ってとりあえず最後に早く会いたいな。
・・・って付け足したんだ。”

夜が過ぎ朝になったら、その思いは更に大きくなった。
ドンドンドンドン色々な想いが頭をよぎる。
これぞまさにネガティブ・スパイラル。


「あー、絶対他に誰かがいるんだ。
だから私に会うよりもその人に会うんだわ。
だから私のことは誘わないの。」

・・・勝手な思いは進んで行く。


そして夕方になった頃には、

”さようなら、愛しき人よ・・・”
”もう会わない。さようなら。”という気分でいっぱいだった。

残業をして夜になった頃には、

”この想いを胸に私は、誰か他の人と結婚するんだわ。”
”バカバカ Tataのバカ!”


たった一日で、色々な想いを経験した。




そんな時、会社で残業をしていて21時をまわった頃、新着メールが届いた。
Tataからだった。

いつもはこんな時間に会社にメールは届かない。・・・というのも、Tataは全然残業をしないから。


びっくりした。




『金曜日ぐらいまでには、体調も良くなっていると思う。
それから会いませんか?

・・・良い夢を。』




私ってバカ。
[PR]
by beautifulone | 2006-12-05 22:44 | 恋愛


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧