遠距離恋愛 ~Bellina~



ふとした嬉しい気持ち


知り合いのホームパーティに行った。
40-50人位集まって、ガヤガヤし過ぎない感じで友人達と話をしたり楽しく過ごした。
11時半を過ぎて、人が大分引いたときに1人の男の人と目が合った。

がつがつしている感じがなく、頭がよさそうな紳士的な感じが良かった。
1人でソファーの角に、寄りかかっている。
本当は友人に帰ろうと言われて、帰ろうかと思っていたところだったが、もう少しいることにした。
その部屋には、5-6人ぐらいしかいなかった。

でも特に話をしたりもしなかった。彼からも特に話しかけてくる様子もない。
ちょっぴりモドカシクもなったけれど、逆にそういう人の方が良かった。

それから少しして、何のきっかけか覚えていないけども、私達は話をし始めた。
とても感じが良い人だった。カナダ人。
何となく、好きなタイプの雰囲気を持っていた。

そんな時、1人のアーティストの人が私の似顔絵をスラスラと書き出した。
そして書き終わった頃、右上に小さい左顔が書き足された。
それは彼だった。私のことを見ている彼の横顔だった。

何だか少し嬉しくなった。
彼はカメラを持ち出して、その絵の写真を撮った。記念にすると言った。

何だか又少し嬉しくなった。
[PR]
by beautifulone | 2008-10-14 21:55 | 気持ち
<< 生きていく中での理由 1 Bijouxへの想い >>


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧