遠距離恋愛 ~Bellina~



おかしな気持ち

Mare からのメールの続き

-----------------


Mareからメールが来た。
「では明日にしましょうか?明日のお昼ごろに電話する。」

メールは見たけれど返事はしなかった。
でも次の日のデートはMareとだと思いワクワクした。



友人のお誕生日Dinnerの後、お店の前にいたときに前から知った顔の人が歩いてきた。
どうやら私の方へ向かってくる。

誰だっけ?と思った瞬間に私に話しかけてきた。

『明日の事、メール見た?』

あ、Mareだ。
彼のことを気づかなかった自分に対してショックだった。思わず言った。

「・・・ごめん。見てない。」


彼が話している間、何故彼を気づかなかったのだろうと自分が自分でショックだった。


後で考えるとMareは、男性1人そして女性が3人と一緒だった。
まあ、やっぱりそんなものよね。と思った。

でも、Mareが私を見かけたとき、私は友人らの彼男性2人と友人1人と話をしていた。
他にも女性がたくさんいたのに、たまたまそこに居合わせなかった。
まるで4人でDinnerをしたみたいだと自分が思った。



-------------------


Mareとのあった瞬間彼は私に聞いた。

『お誕生会はどうだったの?どのお店にいったの?』

何度もその話を聞いてきた。


私は逆に何も聞かなかった。

聞かないからか・・・彼は自分で話し始めた。
『僕はね、友人たちとあの後、下のBarで飲んだんだよ。』


別にどうでもいいのに。とおかしくなった。
[PR]
by beautifulone | 2007-12-19 22:31 | 恋愛
<< Bijouxと築いてきたこと 心地の良い関係 >>


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧