遠距離恋愛 ~Bellina~



人生の変わり目?



週末に友人と食事に出かけた。
彼女も彼がいるが遠距離。私も遠距離。だから週末に彼とのデートはない。

この間の事では、自分では納得しているけれど何となく気が晴れない。
食事の後、飲みに行って語り合っていた。
ちょっと音楽もかかって踊っている人もいるようなBar

2人で2人の世界の中に浸って飲んでいた。
そんな時1人の男性が話しかけてきた。

とっても笑顔が優しい男性。
素敵な人。
何でこんなところに1人でいるのかしら。
そしてどうして、こちらを気にしてくれているのかしら。
もてそうな人。他に女性ならいくらでもいるのに・・・と思った。


それにはっきり言って、友達と2人で話していて楽しくて他の人とは話したくなかった。
でも、ナンパっぽくない人柄で何故か惹かれた。

『君はこんなに素敵なのにどうしてシングルなの?』

暫くして聞いてきた。

「私、彼がいます。シングルじゃありません。」

ここで、きっぱり彼を切ったつもりだった。

でも彼は続けた。

『今、彼はどこにいるの?』

何だか、人の心を見透かしているようだった。
私の不安な気持ち。気が晴れない何か・・・その理由をわかっているかのようだった。

話しているうちに涙がこぼれた。
見つからないように、お化粧室にかけ込んだ。

涙もおさまったとき、友人のところに笑顔で戻った。
友人は彼と楽しげに話していた。

『君の友達はとても、君を大切に思っているね。すごく良い友達だね。』
そういって微笑んだ。

彼は言った。

3年日本に住んでいるということ。
素敵な出会いは3-4年に一度訪れるということ。
そして、それが今日であること。

わざとらしいな・・・と思ったけれども、彼の目を見て何となく本当なのかな。
と思った。

彼は、トレーダー。海の側に別荘を持っている。

『女性は僕のお金を目当てに近寄ってくる。僕が英語の先生って言ったら今とは全然違うと思う。』
ちょっと目を遠くした。

でも、それで楽しんでいるんじゃないかな。と私は思った。
モテそうな人は用心したほうが良い。

暫くして彼は言った。

『家に帰るから、一緒に帰ろう。
・・・と言いたい所だけど、君は一緒に来ないタイプだってわかるから。
誘わないよ。君がイタリアから帰ったら、僕と会ってくれる?』

約束を取り付ける前に、自分が帰る。そんなところから見ても、連絡はないだろうなと思いつつ。

「もちろん。じゃ、ゆっくり寝てね。またね」・・・と調子を合わせた。

彼がいる。私は、彼よりも年上。これだけで、それっきりになる理由は十分。
何も考えていなかった。



帰り際。

携帯を見た。
Bijouxから10回ぐらい電話が入っていた。こんな時間にかけてくるのは珍しい。
何か気付いたのかしら?と思うぐらいだった。


--------------


週をあけて会社に行った。
メールが来ていた。

会えて嬉しかったこと。私がイタリアから戻って会うのを楽しみにしていることなど綴ってあった。

それっきりになると思っていたのでびっくりした。
でも嬉しかった。何となく、Bijouxとさようならをしてもいいかも。と思ったぐらいだった。
私って単純・・・。



そして夜、夕食を食べ終わりメールをチェックしたら、1通のメール。

SNOW


一体。何なの?
私はどうしたらよいのですか。
[PR]
by beautifulone | 2007-11-12 22:33 | 恋愛
<< SNOWとのやりとり Bijouxの優しさ >>


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧