遠距離恋愛 ~Bellina~



② 計画崩れ



私はスペインにいた。
毎日が新しいことの連続で、普段の自分を忘れて楽しんだ。
つくづく私は一人になる時間が必要なんだなって思った。


そんなある日、暗い声でBijouxから電話が来た。


「どうしたの?元気?」


『元気じゃない。君は元気?』


『新しい案件の仕事が出てきた。
今日の午後に結果が分かるけれど、イタリアにいけなくなる可能性が80%』


えっ・・・でも、私は普通に出来るだけ動揺しないように振舞った。


「まだ決まったわけじゃないでしょ。」


『君の時間の夜、11時ごろには分かるからそれからすぐ連絡する。
その案件には僕は必要ないって、話をしているんだけど・・・まだ分からない。』



電話を切った瞬間、涙があふれでた。


きっと来れない。来れないんだ。



涙はとまらなかった。



----------------


電話が来た。

『ごめん。やっぱりダメだった。』

予想通りだった。


事前に聞いていたし、想像どうりだったからか冷静に話が出来た。
でも心の中ではすべてが信じられないような寂しいような気持ちで一杯だった。


急に何も聞きたくなくなった。

『イマイチだと分かってる。
でも9月と10月と週末を利用して会いに行く。

もう、そのときの休みは取れるように手配したから。本当にごめん。』


何でもいいやと思った。
電話を切った後も何だかボーっとした。何も考えたくなかった。


-------------


次の日に電話が来た。


『何か分かった?』


頭にきた。
何が?一体何を分
わかれっているのだろう。


「何のこと?意味がわからない・・・何も分からないけど。」


『家がキャンセルできるかとか、君のフライトが変更できるかとか。そういうこと。』



「家は100%チャージされるって。フライトは知らない。
変更しないといけないけど・・・でも私もう疲れちゃった。いろいろなことするの。」


ちょっと冷たく言った。
はっきり言ってももうどうでも良かった。


『そうか。家は僕のカードにチャージして。いけなくて本当にごめん。本当に残念だよ。』

どんな言葉も頭に入ってこなかった。


一人になると涙が溢れた。
これから、どうすれば良いのか不安がよぎった。楽しかったスペインも急につまらなく思えてきた。
もう一週間のお休みは切り上げて日本に帰ろうか、それともスペインにこの残ろうか・・・。




でも何も考えたくなかった。
[PR]
by beautifulone | 2007-09-03 21:11 | 恋愛
<< ③ 反省 ① 休みの計画 >>


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧