遠距離恋愛 ~Bellina~



実感

友人から一通のメール。

”後で少し飲みに行きませんか?”

私はまだ仕事をしていた。週末だというのに9時を過ぎてもまだオフィスにいた。
まだ片付けなくてはいけないことがたくさんあったのですぐは無理だけれど、折角だ
しちょっと会いたいなって思った。

「まだ仕事中ですが・・・是非会いたいです。連絡を取り合いましょう◎」

それから2時間後、彼女とあるバーの入り口で会った。
そんな時電話が鳴った。


通知不可能


・・・Bijoux ? でもこんな時間に電話してくることはあまりないし、一体誰?
恐る恐る電話に出た。


『もしもし』


Bijoux だった。
思わずそのガヤガヤしたバーから飛び出し、外のちょっと静かなところに隠れて電話
を続けた。


「はい。もしもし。」


来週私がイタリアに行くときの日程を聞いてその時にイタリアへ会いに来ようとして
いるようだった。
何だかとっても嬉しかった。
でも友達が待っていたので、まだ話したそうなBijouxを残して電話を切った。

そのバーに足を踏み入れたときに目が合った。

”Sprungli”


よりによって、一番偶然会いたくない人に会ってしまった。
デートを始めた人とは、約束をしないと会えない状況にするのが私の鉄則。
もろくも・・・そこで崩れてしまった。


でもはっきり言って、そんなこともうどうでも良かった。

私の中にはまだBijouxの余韻が残っていて、もうBijoux以外はどうでも良かった。
Sprungli に、話しかけられても友達を捜すので一生懸命でちゃんと話もしてあげられなかった。


やっぱり Bijouxが好きなんだと実感をした瞬間だった。
[PR]
by beautifulone | 2007-05-06 09:22 | 気持ち
<< 一夜の想い デート >>


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧