遠距離恋愛 ~Bellina~



不思議な関係


会ってすぐ私は言った。
あなたのメールは感じ悪い。何でそんなに意地悪なの?」

『ただ本当のことを言っただけだよ。だから君は本音をつかれて頭にきているんだ。』


こんなことまで言った。
『君はあと少しで今日のディナーをキャンセルしてくるところだったね。』

「そうして欲しかったの?」 
はっきり言ってものすごく頭にきた。

『別にどうでもいいよ。女の人は長い列を作って僕を待っているから。』
冗談とはわかっていても、何と言う傲慢な話し方なんだろう。


理解できない。


それでも、Tataとは会うととても楽しい。


私にはオフィシャルにBijouxがいるのでどんな人ともおかしな事には絶対ならないけれど・・・
普通男性と会い始めると、相手が3回目ぐらいで”正式に付き合いたい”と言ってきたり、手をつなごうとしてきたり、もっと悪い時は迫ってきたりする。
それで、お断りして・・・もう会わなくなる。のが常。

だからTataも、そのうちのどれかになるだろうと思っていた。


でも、彼とはもう両手の指では数えられないほど会っている。


しかし彼からは、甘い言葉も一切なければ・・・迫ってもこない。
だから続いているというのもある。
けれども・・・流れる雰囲気が男女を越えた友達。というようなものでもない。

こういうのって、私わからない。
[PR]
by beautifulone | 2007-01-13 10:10 | 恋愛
<< Tataの本音は 疲れる人 >>


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧