遠距離恋愛 ~Bellina~



自分の気持ち


寝ているとき電話がなった。
え・・・いま何時?こんな時間に電話してくる人って・・・。

『moshi moshi』

一瞬声が出なかった。・・・Bijouxだ。


「・・・はい。」

『ずっと連絡しなくて・・・本当にごめん。』 

Bijouxは、ゆっくりとただその言葉を言った。
そして、静かに私に話しをし始めた。


ずっと具合が悪かったこと。
薬の量も増えていること。
すべてのことをネガティブに考えてしまい、親を含めて誰とも連絡を取れなかったこと。
日本での仕事の話も全然先に進まず、うまくいかない事。


私は思った。


鬱だ。
・・・事故の後遺症。


私に話す言葉は一言一言、丁寧で誠意が伝わってきた。
嘘やいつわりがないのは、顔を見なくても電話でも十分すぎるほど分かった。

でも連絡がなくて心配したこと。
もしかして何か大変なことがおこったのではないかとか・・・本当に気が気でなかったことなどを、冷静に私はBijouxに説明をした。

『・・・いいニュースが全然なくて、何をやっても上手くいかないんだ。
だから、話しても暗い話ばかりするのは悪いと思った。

君の心配は、あなた自身にしかわからなくて・・・僕がわかるといっても薄っぺらいとわかる。
でも僕はできる限り君の事を理解しようと思うよ。
とにかく・・・心配かけて本当に悪いと思っている。
君が心配していると分かっているのに、暗い話しかないからと思ったのも悪かったというのも、理解している。

ごめん。本当に。』


同じような話を永遠にしていたような気がする。
一体どのくらい電話で話していたのだろう。


最後に私は言った。

「もうだめだと思ったし、やめようと思ってた。」


Bijouxはゆっくりと言った。 
『その気持ち分かる・・・。
僕が悪い。』


「親にもそう言ってしまったの。」


Bijouxは無言だった。
しばらく何も言わなかった。どのくらい沈黙したのだろう。


『その気持ち分かる・・・。』
静かに、暗い声で言った。

『これからは、大変なときも連絡をするように努力するから・・・。心配させて本当にごめん。』



話せて良かった。と思う。
でも私は彼と続けれるか分からないと思った。
こんなこと疲れるの。


でも・・・こんなときに彼を置き去りにしたら、きっと私は後悔するだろう。

どうしたらよいのか分からない。
[PR]
by beautifulone | 2007-01-10 00:03 | 気持ち
<< 何も考えたくない 心のこもった手紙 >>


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧