遠距離恋愛 ~Bellina~



J そして Bijoux


次の日、早速 ”J”から連絡があった。

見かけとか全然好みじゃないけれど何だかワクワクした。本当に魅力的な人だった。
デートに誘われた。
行くことにした。

あるイタリアンに連れて行ってくれた。
本当に楽しかった。

彼は結婚相手を探していた。
私に、同じ国籍じゃない人と結婚するのはどうか?とか色々聞いてきた。
その頃は、まだちょっと韓国に対して少し偏見を持っていた部分があって親は反対するかな・・・。なんて思ったのを思い出す。


出会ってから多分3日目ぐらい。
メールが来た。Bijouxから。
そっけない内容。

『この間メールアドレスをもらったけど、あっているかなと思ってメールしました。届いたか教えてください。』


・・・は?
私は、すでに ”J”モード。
興味ないなーと思いながら。

「ちゃんと届きました。アドレス合っていますよ◎」と書いた。

それから、
『Fというお店行ったことありますか?絶対に好きだと思うけど、土曜日行きませんか?』

土曜日は既に ”J” と約束をしていた。

「今度の土曜日は、Partyがあるの。偶然”J"もそのPartyに誘われているみたいだから、みんなで会えると楽しいですね。」とメールをした。

それは本当。
偶然同じPartyに誘われていた。
でもその前に ”J”と私は一緒にDinnerする約束をしていた。

結局、そのPartyに行ったのは、12時ぐらい。
行ってつまらなくて5分もしないで出た。

その後、BijouxがそのつまらないPartyで2時間も私を待っていたことを知った。



”J” は、サンフランシスコに帰っていった。彼は学生のときに起業をして、2つも会社を上場させた。とっても頭がいい。


日本に残された私は、Bijouxと会うことになった。
Fというお店に連れて行ってくれた。


まさに彼の、POWER DINNER。
お店の人はみんなBijouxを知っていて、彼が持ち込んだ素晴らしいワインをあけた。
全てがスペシャル。
良く行くエリアだったけれど、こんなステキなお店があるとは知らなかった。
・・・ステキな夜だった。


そして、Bijoux との2回目。
ある一軒家のステキなイタリアン。窓際のステキな席が私達の席。


”Gaia&Rey 99” そして、”Ornellaia”
・・・今では私達の定番ワイン。
まだ、2度目のデートだというのに彼は政治の話に一生懸命になり、私に対して討論をしてきた。
・・・私は疲れた。


『ごめん。僕はキミについて色々厳しく言っていたんじゃないんだ。
だだ、その話について一生懸命語っていて・・・。』

と真剣に謝ってきた。

『キミのことをもっと知りたい。君は本当にエンジェルだ。』

でも実は、私はもう会いたくないこんな人・・・。とまで思っていた。
本当に疲れてしまった。
でも彼の真剣な姿は何か切っても切れないような感じがした。


私は揺れていた。
気持ち的に”J"に惹かれているような気はするけれども、確信はなかった。


あまり期間も経たないうちに”J"が又東京にやってきた。
多分そのときは既に、Bijouxへの想いがあったのだろう。
”J"からの誘いに、100% Happyではなかった。
邪険にしてしまった。
結局、私が”J"からのアプローチ断り、それからもう連絡は途絶えてしまった。


後日談として、知ったのは彼はもう結婚したらしい。
彼は、韓国の某大財閥企業の跡取り息子だった。


Bijouxは彼の結婚式に行ったらしい。
でも一体いつ行ったのか、全然知らなかった。Bijouxは今でも”J"の話をしたがらない。
なぜなら私と”J"が何度かデートをしていたのを知っているから。



でもね・・・私はあなたを選んだの。
[PR]
by beautifulone | 2006-11-16 01:16 | 恋愛
<< 再会 Bijoux との出会い >>


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧