遠距離恋愛 ~Bellina~



ビック・サプライズ

この話は Tata の焼きもち の続きです。

--------------

Tataからのお誘いを断り、先約のNetworking Dinner に行ったときのこと。
お店に入った瞬間、SV が

『ようこそ。待ってましたよー。』 と出迎えてくれた。
40人ほどあつまっており既にBusiness トークが繰り広げられているようだった。

『あ、この間のDinnerで一緒だったTataさんも来てますよ。』

・・・・・?!

視線の先を動かすと、何とTataがまじめな顔をして話をしている。

実はこの日の朝、Tataからメールがあった。
某デザイナーのパーティーに行っているはずだった。


その彼がここにいる。


それからしばらくして人に囲まれながらTataが、私の横にいたグループの人に紹介されに来た。
そちらに向かって歩いてはいるけれど私を見ている。
私は彼を今初めて見つけたように驚いた顔をしてみた。


彼は、照れた笑いをした。
しばらくして彼が取り巻きから開放されたとき私の横へ来た。

「今日は、例のデザイナーの人のパーティじゃなかった?」
ちょっと意地悪く聞いてみた。

『色々考えたんだけど、やっぱりキミに会いたいなと思って。』 
予定を急遽変えてここに来たようだった。


本当にびっくりした。
でも会えて楽しかった。


しかし帰り際、何と私はそっけなく道端に彼を置き去りにして帰ってきた。
[PR]
by beautifulone | 2006-10-21 03:25 | 気持ち
<< 葛藤 Bijouxとの電話 >>


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧