遠距離恋愛 ~Bellina~



Tata の焼きもち

朝2回の通知不可能電話があった。

この時間にかけてくるのはBijoux。
仕事中だったから出れなかった。
いつもは留守電を必ず残すのに、何もメッセージは無かった。


ミーティングから戻ってメールをチェックするとTataからメールがきていた。
ワクワクした。
某デザイナーのパーティがあるとかで誘ってくれていた。

でも残念ながら、その日は先約があった。

「行きたいんだけれど実は、Networking Dinnerがあるの。SVが誘ってくれたんだけどあなたも来ると思ってたわ。」

SVというのは、Tataと会ったPartyにきていたうちの1人の人。

しばらくして返信が来た。一言。


『この人?』 
SVの個人のHPのアドレスをつけてきた。

「サイトはチェックしていないけど、この間のPartyのとき向かいに座ってた人よ。覚えてる?」


『クリックして』 また一言。
何か機嫌がわるいのかしら。と思った。

チラッとしか見なかったけれど、マニアックな感じで、遊び人っぽいSVの写真が載っていた。

「何か違う人みたいだね。私も彼とはあまりしゃべってないしよく知らないけど・・・。」


それからちょっと長いメールがTataから来た。
SVが主催する、そのDinnerはある有名な人を囲む会だった。
そして、サンフランシスコに住んでいたときにその人と仕事関係で会ったということ。など説明があり・・・あまり良いことを言わなかった。

『キミとPartyに行きたかったけれど、先約があるなら仕方ないよ。残念だね。』
Tataらしくないメール。


「何か怒ってる?」


『Are you serious ?』

一言メールが私にとっては彼が何かに対して不満をもっているように見える(笑)
というか焼きもち??

『僕は怒らないよ。怒っているというよりも僕は今ハッピーだよ。でもどうして僕がそのDinnerに行くと思ったの?
僕行くとか、何かメンションしたかな?』


男の人って、どうしてみんなこうなんだろ。
何かかわいいなー。
[PR]
by beautifulone | 2006-10-19 22:34 | 恋愛
<< Bijouxとの電話 懐かしい声 >>


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧