遠距離恋愛 ~Bellina~



魅力的な人達

週末、パーティーに行った。

20人ほどの集まりで、始めは飲み物を片手にスタンディングだった。
知っている人はほとんどいなかったけれど人から人へと紹介してもらい色々な人とお話をすることができた。大使と呼ばれる方も数名いて、なんと某大国の大使もいた。

はっきり言って年齢層の高い会ではあったが、私と同年代の人も何人かいた。

その中では気になる魅力的な人が2人。

30分ほど過ぎた頃、テーブルへと移動した。
私はテーブルの一番端の角へ控えめに座った。
そこへ、気になっていた彼が
「ここ良いですか?」と声を掛けてきた。その人の名前は仮にTata。

そして、その隣にはもう1人の気になる人が座った。
わき目も振らずに、というのが合う美男子 陽一さん(仮)

角の席で、Tataしか隣がいなかったので、私は当然Tataと話しをし続けた。

初めて会ったとは思えないほど話が弾み、沢山おしゃべりして、沢山笑った。

途中、陽一さんと話をした。
見た目よりも気さく。

「僕もてないんですよ。仕事ばかりだし・・・なんかリスクもありますしね。」

急にそんな話をしてきた。

”自分で会社をやっていると、色々なことがあるでしょうし、安定するまで。とか色々考えてしまうのでしょう・・・。
私の父も会社をやって、良いときばかりではなかったですが、そんなときは母が助けたりして夫婦で助け合っていましたし。
だから陽一さんもあまり固く考えないほうが良いと思いますよ。”

「そんな考えもありましたか・・・・。いいお話しありがとうございました。」
ちょっと自信なさげだけれど、やはりかっこいい。

会がお開きになるとき、私は陽一さんと話していた。
そんな時、Tataが話しかけてきた。

『あの、メール・・・してもいいですか?』

陽一さんが口を開いた。

「いつもクールなTataでも、美人には弱いんだなぁ。照れているよ。」

逆に、私の方がちょっと照れてしまった。

”もちろん。let's keep in touch”


・・・あ、陽一さんとはこれで終わりかな。


二兎を追うものは一兎も得ず。

色々な、気持ちがよぎる夜でした。
・・・というか別に一兎も二兎も追ってませんが(苦笑)
[PR]
by beautifulone | 2006-10-12 00:02 | 気持ち
<< ほのかな気持ち 1人じゃない >>


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧