遠距離恋愛 ~Bellina~



最後の夜

イタリア旅行の最終日、私とBijouxはホテルのバーで飲んでいた。

1時を過ぎバーはクローズするため、強制移動。
昼間は日がサンサンと入るPark Hyatt のホールが2人だけのダークなスペースになり・・・夜2人だけで、ORNELLAIA の99年を飲みながら話をしていた。

次の日は、日本へ向けて旅立つ日。
私とBijouxは、違う飛行機だったためイタリアでの最後の晩酌だった。
はっきり言って夕方から飲み続けていた私達で・・・すでに、ワイン、シャンパンあわせて本日4本目だった。

私は気持ち悪くて、もう限界(苦笑)

部屋に戻ったのは夜明けの3時半。
Bijouxは、床に倒れている。

『悪いけど、氷を頼んでくれる?』

「わかった。でも何に使うの?」

『コーラ』

私はすでにボーッとしていた。
Bijouxも相当酔っ払っていたよう。
氷が来たときには私は、ベットに横たわり彼は、バスルームに大の字になって眠っていた。

「氷来たよ。明日早いから寝ないんでしょ!ほら起きて!」

『う~』

私は、眠い目をこすりながらグラスに氷を入れてコーラを注いで頭の横においてあげた。

「ほら、氷入れてあげたよ」

『・・・・・・・』

ありがとうぐらい言ってほしかった。彼は何も言わず動きもしない。
私は、すねてそのまま一人でベットに入った。

朝、6時。Bijouxは6時半には遅くても出なくては間に合わない。
私はノンビリ眠れるけど、彼はダメ。
起きる気配のないBijouxを必死でたたき起こし準備をさせた。
でも、ずっと何も言わない。口に出す言葉はすごく意地悪チックな音程。
何か怒っているみたい。

なんなの~一体!!
早く行っちゃえ。早く私は眠りたい。そんなことを思っていた。

空港から電話が来た。
優しい声。
でも私は、先ほどの怒りと・・・眠っていたところ起こされて、頭にきた。

『ごめん。寝てたよね。今飛行場。着いたらすぐ連絡してね。』

さっきまで、あんな態度だったのにムカツク~~~!!!・・・・・って思った。
東京で再会し、そんなこと忘れた頃聞いてみた。

「最後の日なんであんな態度したの?」

『だって君
・・・・・間違えちゃったから』

「は? 何を?」

『コーラに氷を入れた』

「・・・・???」

『あの氷は、コーラを入れて冷やしておくためで朝起きたら冷たいコーラを飲もうと思ってた。』

「・・・・・」


そんなの、言ってくれなきゃ分からないんですけど!!!
もぉ~~~~~~!!!!!ばかっ

男とか女なんていうのもナンセンスだとは思いますが・・・男の人って本当マイペースな人が多くないですか?
[PR]
by beautifulone | 2005-11-07 23:44 |
<< フィレンツェ 記憶 >>


恋愛についての想い・・・
カテゴリ
全体
恋愛
気持ち

友人

ブログについて
未分類
MAIL
beautifulone@excite.co.jp

以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧